大物人気女優「演技と真実」の区別がつかない状態に 真夜中の電話にもおびえる デイリースポーツ > 일본 뉴스

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 뉴스

デイリースポーツ 大物(おおもの)人気(にんき)女優(じょゆう)演技(えんぎ)真実(しんじつ)」の区別(くべつ)がつかない状態(じょうたい)に 真夜中(まよなか)電話(でんわ)にもおびえる デイリースポーツ
인기연기연기-진실 구분못한 상태에서 한밤중 전화도 겁먹어

페이지 정보

Artist デイリースポーツ 댓글 0건 조회 5회 작성일 21-01-13 22:55

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 인쇄
  • Furigana
  • 목록

본문



 ドラマの撮影(さつえい)心身(しんしん)ともに(つか)()てたニコール・キッドマン
데일리스포츠


 드라마 촬영으로 심신이 지쳐버린 니콜 키드먼

 ニコール・キッドマン(53)が、ドラマ「ジ・アンドゥーイング」の撮影(さつえい)心身(しんしん)ともに(つか)()ててしまったことを()かしている。(どう)殺人(さつじん)ミステリードラマで、ヒュー・グラント(えん)じる(おっと)ジョナサン・フレイザーが殺人(さつじん)(つみ)()われるセラピスト、グレース・フレイザー(やく)(えん)じるニコールは撮影(さつえい)(ちゅう)体調(たいちょう)(くず)し、「演技(えんぎ)真実(しんじつ)」の区別(くべつ)がつかない不穏(ふおん)状態(じょうたい)()いやられたという。



 니콜 키드먼(53)이 드라마 지안두잉 촬영으로 심신이 모두 지쳐버렸음을 밝히고 있다.이 살인 미스터리 드라마에서 휴 그랜트 역을 맡은 남편 조너선 프레이저가 살인 혐의를 받고 있는 세러피스트 그레이스 프레이저 역을 맡은 니콜은 촬영 도중 몸이 아파 연기와 진실을 구분할 수 없는 불온한 상태로 내몰렸다고 한다.

 ニコールは「ビッグ・リトル・ライズ」を(ふく)む、これまで出演(しゅつえん)してきた番組(ばんぐみ)(みずか)らの精神(せいしん)状態(じょうたい)にもたらした影響(えいきょう)について、ポッドキャスト番組(ばんぐみ)「WTF・ウィズ・マーク・マロン」でこう(はな)している。「『ジ・アンドゥーイング』の(とき)ですら()きたわ。突然(とつぜん)、その状況(じょうきょう)()ちるのよ。(わたし)人格(じんかく)不穏(ふおん)さを(おぼ)え、(わたし)自分(じぶん)でいることを無理強(むりじ)いされているような(かん)じになった」「1週間(しゅうかん)(つづ)いたわ。そして、(わたし)免疫(めんえき)(けい)演技(えんぎ)真実(しんじつ)区別(くべつ)できなかった」



 니콜은 빅 리틀 라이즈를 포함해 그동안 출연해 온 프로그램들이 자신의 정신상태에 가져온 영향을 팟캐스트 프로그램 WTF 위드 마크 말론에서 이렇게 밝혔다.지안두잉 때조차 일어났어요.갑자기 그 상황에 빠지는 거야.나는 인격에 대해 불온함을 느꼈고, 나는 스스로 있는 것을 강요당하고 있다는 느낌이 들었다." "일주일간 계속되었다. 그리고 나의 면역체계는 연기와 진실을 구별하지 못했다."

 また、()役者(やくしゃ)たちは自分(じぶん)身体(しんたい)演技(えんぎ)現実(げんじつ)(ちが)いを(おし)えることができるものの「(わたし)にはそれができないの」と(つづ)けた。



 또 다른 배우들은 자신의 몸에 연기와 현실의 차이를 가르칠 수는 있지만 나는 그게 안 돼라고 덧붙였다.

 (べつ)のトラウマ(てき)体験(たいけん)として、自身(じしん)出演(しゅつえん)した「アイズ ワイド シャット」の監督(かんとく)スタンリー・キューブリックが1999(ねん)他界(たかい)した(とき)()げている。ニコールはキューブリック監督(かんとく)(いき)()()前夜(ぜんや)に、(どう)監督(かんとく)電話(でんわ)するようファクスを()()ったものの、実際(じっさい)にはそれができなかったそうで、訃報(ふほう)()()った瞬間(しゅんかん)(わたし)(さけ)(はじ)めて(ゆか)(たお)れたわ。(わたし)はそれほど(かれ)(した)しかったの」と当時(とうじ)()(かえ)る。そして、それ以来(いらい)真夜中(まよなか)電話(でんわ)をおびえるようになったそうだ。「(いま)(よる)電話(でんわ)がとても(こわ)いの。そのような()らせの電話(でんわ)(なん)()()けたから。(わたし)(ちち)(ふく)めてね」(BANG Media International/デイリースポーツ)



 또 다른 트라우마적 체험으로는 자신이 출연한 아이즈 와이드 샷의 감독 스탠리 큐브릭이 1999년 타계했을 때를 들고 있다.니콜은 큐브릭 감독이 숨지기 전날 밤에 그에게 전화해 달라는 팩스를 받았으나 실제로는 그러지 못했다고 하며 부고를 받는 순간 나는 소리를 지르기 시작해 바닥에 쓰러졌어.나는 그만큼 그와 친했었어 라고 당시를 되돌아 본다. 그리고 그 이후로 한밤중의 전화를 겁먹게 되었다고 한다.지금 밤전화가 너무 무서워.그런 소식 전화를 여러 번 받았으니까.내 아버지도 포함해서요.(BANG Media International/데일리스포츠)




원본:

 ドラマの撮影で心身ともに疲れ果てたニコール・キッドマン  ニコール・キッドマン(53)が、ドラマ「ジ・アンドゥーイング」の撮影で心身ともに疲れ果ててしまったことを明かしている。同殺人ミステリードラマで、ヒュー・グラント演じる夫ジョナサン・フレイザーが殺人の罪を問われるセラピスト、グレース・フレイザー役を演じるニコールは撮影中に体調を崩し、「演技と真実」の区別がつかない不穏な状態に追いやられたという。  ニコールは「ビッグ・リトル・ライズ」を含む、これまで出演してきた番組が自らの精神状態にもたらした影響について、ポッドキャスト番組「WTF・ウィズ・マーク・マロン」でこう話している。「『ジ・アンドゥーイング』の時ですら起きたわ。突然、その状況に落ちるのよ。私の人格に不穏さを覚え、私は自分でいることを無理強いされているような感じになった」「1週間続いたわ。そして、私の免疫系は演技と真実を区別できなかった」  また、他の役者たちは自分の身体に演技と現実の違いを教えることができるものの「私にはそれができないの」と続けた。  別のトラウマ的体験として、自身が出演した「アイズ ワイド シャット」の監督スタンリー・キューブリックが1999年に他界した時を挙げている。ニコールはキューブリック監督が息を引き取る前夜に、同監督に電話するようファクスを受け取ったものの、実際にはそれができなかったそうで、訃報を受け取った瞬間「私は叫び始めて床に倒れたわ。私はそれほど彼と親しかったの」と当時を振り返る。そして、それ以来真夜中の電話をおびえるようになったそうだ。「今は夜の電話がとても怖いの。そのような知らせの電話を何度も受けたから。私の父も含めてね」(BANG Media International/デイリースポーツ)
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 30,699건 1 페이지
일본 뉴스 목록
출처 제목 조회 추천 날짜
ねとらぼ 0 0 2021-01-18 16:16:00
ロイター 0 0 2021-01-18 16:16:00
スポニチアネックス 0 0 2021-01-18 16:16:00
ABEMA TIMES 0 0 2021-01-18 16:12:00
デイリースポーツ 0 0 2021-01-18 16:11:00
ABEMA TIMES 0 0 2021-01-18 16:11:00
NEWSポストセブン 0 0 2021-01-18 16:05:00
NEWSポストセブン 0 0 2021-01-18 16:05:00
NEWSポストセブン 0 0 2021-01-18 16:05:00
SmartFLASH 0 0 2021-01-18 16:03:00
SmartFLASH 0 0 2021-01-18 16:03:00
Impress Watch 0 0 2021-01-18 16:02:00
週刊女性PRIME 0 0 2021-01-18 16:01:00
女性自身 0 0 2021-01-18 16:00:00
関西テレビ 0 0 2021-01-18 15:57:00
게시물 검색

회원로그인

접속자집계

오늘
733
어제
858
최대
1,876
전체
565,485

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.