魔法のビール > 일본 동화

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 동화

세계동화 魔法(まほう)のビール
마법의 맥주

페이지 정보

Artist admin 댓글 0건 조회 407회 작성일 19-01-15 12:11

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 목록

본문

 むかしむかし、ロースキルデというところに、お金持(かねもち)のお百姓(ひゃくしょう)(ひゃくしょう)が(ひろ)土地(とち)をもっていました。

 옛날 옛적에, 로스킬데라는 곳에, 돈 많은 백성이 넓은 토지를 가지고 있었습니다.

 その土地(とち)(なか)(おか)のひとつに、小人(こども)たちが()んでいました。

 그 땅 속 언덕의 하나에 소인들이 살고 있었습니다.

 ある()のこと、小人(こども)たちは結婚式(けっこんしき)のお(いわ)いで(だい)さわぎをしていました。

 어느 날의 일, 소인들은 결혼식 축하로 난리를 쳤어요.

 ところが(よる)おそくなってから、あいにくビールがなくなってしまいました。

 그런데 밤 늦게 일어나서 공교롭게도 맥주가 없어졌어요.

 そこで(いち)(にん)小人(こども)が、お百姓(ひゃくしょう)のところへいって、トントンと()をたたきました。

 거기서 한 소인이 농민에게 가서 문을 똑똑 두드렸습니다.

「こんばんは。ビールを(いち)タル()してくれませんか。あなたはこのあいだビールをつくったばかりだから、たくさんおもちでしょう。こんどわたしたちがつくったときにかならずおかえししますから」

"안녕하세요. 맥주 한 대 빌려주실래요?당신은 얼마 전에 맥주를 방금 만들었으니까, 많이 떡이죠.다음에 우리가 만들 때 꼭 돌려드릴께요.

と、小人(こども)はいいました。

라고 소인은 말했습니다.

「おまえさんはだれだね? どこに()んでいるんだね?」

"너는 누구지? 어디에 사는거지?"

と、お百姓(ひゃくしょう)はたずねました。

라고 백성은 물었습니다.

「わたしはあそこの(おか)()んでいるものです」

"저는 저기 언덕에 살고 있는 것입니다"

と、小人(こども)はこたえました。

하고 소인은 고개를 숙였습니다.

「よろしい。地下(ちか)(しつ)へいって、(いち)タル()っていきなさい」

"괜찮아요. 지하실에 가서, 한 타를 가져 가세요"

と、お百姓(ひゃくしょう)はいいました。

라고 백성은 말했습니다.

 小人(こども)はビールを()って(かえ)っていきました。

 소인은 맥주를 가지고 돌아갔습니다.

 それから(さん)(にち)()(よる)、また小人(こども)がやってきて、トントンと()をたたきました。

 그리고 사흘째 밤, 또 소인이 찾아오고 딱딱과 문을 두드렸습니다.

 お百姓(ひゃくしょう)は、おきあがって、

 백성은 크게 올라가

「だれだね、()をたたくのは?」

"누구야, 문을 두드리는 건?"

と、たずねました。

하고 물었습니다.

「わたしですよ」

"저예요."

と、小人(こども)はこたえました。

하고 소인은 고개를 숙였습니다.

「ビールをおかえししにきたんです。地下(ちか)(しつ)へおいておきますよ。それからお(れい)に、うまい魔法(まほう)をかけておきますからね。あなたがもしタルの(なか)をのぞきこみさえしなければ、タルからは、いつでもあなたのほしいだけビールがでてきます。いつまでたってもからっぽになりませんよ」

"맥주 마시러 왔어요. 지하실에 놔둘게요.그리고 답례로, 맛있는 마법을 걸어둘 테니까요.당신이 만약 탈 안을 들여다만 보지 않는다면, 탈에서는 언제든지 당신이 원하는 만큼 맥주를 마실 수 있어요.언제까지고 텅 비지 않아요.

 それは、ほんとうでした。

 그것은 정말이었습니다.

 タルからは、いくらついでもビールがでてくるのです。

 탈에서는 아무리 해도 맥주가 나오는 겁니다.

 そのかわり、もちろんだれ(いち)(にん)、タルの(なか)をのぞいて()るものはありませんでした。

 그 대신, 물론, 단 한 사람, 타르 속을 들여다 볼 것은 없었습니다.

 ところがあるとき、この(いえ)(あたら)しい女中(じょちゅう)(じょちゅう)がきました。

 그런데 어느 때, 이 집에 새 식구가 왔었어요.

(あのタルからは、どうしていくらでもビールがでてくるのかしら?)

(저 탈에서는 어째서 얼마든지 맥주가 나오려나?)

と、女中(じょちゅう)はふしぎに(おも)いました。

하고 여자는 이상한 생각이 들었습니다.

 女中(じょちゅう)はタルの(なか)に、あとどのくらいあるかのぞいてやろうと(おも)いました。

 여자는 탈 안에 얼마나 더 있는지 알아보려고 했어요.

 ところがタルの(なか)をのぞいたとたん、女中(じょちゅう)はビックリして(おも)わず、

 그런데 탈 속을 보자마자, 여자들은 깜짝 놀라 생각하지 않고,

「キャアーッ!」

캬앗!

と、さけびました。

하고 놀았습니다.

 なんとタルの(なか)は、カエルでいっぱいだったのです。

 그리고 탈 안에는 개구리들이 잔뜩 있었습니다.

 このときからというもの、タルの(なか)のビールはなくなってしまいました。

おしまい


 이때부터 탈 안에 있는 맥주는 없어져 버렸습니다.끝






원본:

 むかしむかし、ロースキルデというところに、お金持のお百姓(ひゃくしょう)が広い土地をもっていました。  その土地の中の丘のひとつに、小人たちが住んでいました。  ある日のこと、小人たちは結婚式のお祝いで大さわぎをしていました。  ところが夜おそくなってから、あいにくビールがなくなってしまいました。  そこで一人の小人が、お百姓のところへいって、トントンと戸をたたきました。 「こんばんは。ビールを一タル貸してくれませんか。あなたはこのあいだビールをつくったばかりだから、たくさんおもちでしょう。こんどわたしたちがつくったときにかならずおかえししますから」 と、小人はいいました。 「おまえさんはだれだね? どこに住んでいるんだね?」 と、お百姓はたずねました。 「わたしはあそこの丘に住んでいるものです」 と、小人はこたえました。 「よろしい。地下室へいって、一タル持っていきなさい」 と、お百姓はいいました。  小人はビールを持って帰っていきました。  それから三日目の夜、また小人がやってきて、トントンと戸をたたきました。  お百姓は、おきあがって、 「だれだね、戸をたたくのは?」 と、たずねました。 「わたしですよ」 と、小人はこたえました。 「ビールをおかえししにきたんです。地下室へおいておきますよ。それからお礼に、うまい魔法をかけておきますからね。あなたがもしタルの中をのぞきこみさえしなければ、タルからは、いつでもあなたのほしいだけビールがでてきます。いつまでたってもからっぽになりませんよ」  それは、ほんとうでした。  タルからは、いくらついでもビールがでてくるのです。  そのかわり、もちろんだれ一人、タルの中をのぞいて見るものはありませんでした。  ところがあるとき、この家に新しい女中(じょちゅう)がきました。 (あのタルからは、どうしていくらでもビールがでてくるのかしら?) と、女中はふしぎに思いました。  女中はタルの中に、あとどのくらいあるかのぞいてやろうと思いました。  ところがタルの中をのぞいたとたん、女中はビックリして思わず、 「キャアーッ!」 と、さけびました。  なんとタルの中は、カエルでいっぱいだったのです。  このときからというもの、タルの中のビールはなくなってしまいました。おしまい
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 1,191건 3 페이지
게시물 검색

회원로그인

접속자집계

오늘
483
어제
839
최대
1,876
전체
433,031

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.