모내기 명인 - 田植え名人 > 일본 동화

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 동화

세계동화 田植(たう)名人(めいじん)
모내기 명인

페이지 정보

Artist admin 댓글 0건 조회 730회 작성일 19-01-15 03:14

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 목록

본문

 むかしむかし、中国(ちゅうごく)に、田植(たう)えの名人(めいじん)()ばれる(ひと)がいました。

 게다가 모든 묘가 마치 줄을 그은 것처럼 꼿꼿이 서 있었습니다.

 この名人(めいじん)にかかればどんなに(ひろ)()んぼでも、あっという()田植(たう)えが()わってしまいます。



 しかも(すべ)ての(なえ)が、まるで(せん)()いたようにまっすぐ(なら)んでいるのです。

 어느 해의 일, 마을 동사무소에 새 임원이 왔어요.



 마을에서는 새 임원이 올 때마다 공무원에게 선물을 하고 행운을 잡습니다.

 ある(とし)(こと)(むら)役所(やくしょ)(あたら)しい役人(やくにん)()ました。

 그렇지 않으면 관리가 심한 심술을 부리기 때문입니다.

 (むら)では(あたら)しい役人(やくにん)()るたびに、役人(やくにん)(おく)(もの)をしてごきげんをとります。

 그런데 그 해는 가뭄으로 제 먹을 것조차 없습니다.

 そうしないと、役人(やくにん)がひどい意地悪(いじわる)をするからです。

 그래서 배우에게 선물을 주는 사람은 한 명도 없었습니다.

 ところがその(とし)日照(ひで)(つづ)きで、自分(じぶん)たちの()べる(もの)さえまんぞくにありません。

 그러자 관리는 완전히 화를 내면서

 だから役人(やくにん)(おく)(もの)をする(もの)は、(いち)(にん)もいませんでした。

"그러니까.려움도 모르는 마을 사람들,생각해 줄게!"

 すると役人(やくにん)は、すっかり(はら)()てて、

하고 마을 사람들을 괴롭히는 방법을 궁리하던 차에 모내기 명인의 소문이 들렸습니다.

「けしからん。れいぎ()らずの村人(むらびと)たちめ、(おも)()らせてやるぞ!」

누군가 모내기 명인을 불러오너라.

と、村人(むらびと)たちをいじめる方法(ほうほう)(かんが)えているところへ、田植(たう)名人(めいじん)のうわさが(みみ)(はい)ったのです。

 관리의 명령으로 모내기 명인이 관청에 끌려오셨습니다.

(だれ)か、田植(たう)名人(めいじん)()んでこい」

 관리들은 모내기 명인을 자기 앞에 앉히자 책상을 쳐서 치웠어요.

 役人(やくにん)命令(めいれい)で、田植(たう)名人(めいじん)役所(やくしょ)()れてこられました。

너냐, 모내기 명인이라는 괘씸한 남자는! 

 役人(やくにん)田植(たう)名人(めいじん)自分(じぶん)(まえ)にひざまずかせると、(つくえ)をたたいてどなりました。

 애당초 명인이라니, 승승장구하는 것이다.

「お(まえ)か、田植(たう)名人(めいじん)というけしからん(おとこ)は! 

 그걸 멋대로 명인을 자처하다니, 터무니없는 놈이야!

 そもそも名人(めいじん)とは、お(かみ)()めるものだ。

 그런데 모내기 명인은 조금도 당황하지 않고 시치미를 떼고 대답했습니다

 それを勝手(かって)名人(めいじん)名乗(なの)るとは、とんでもないやつだ!」

모내기 명인이란 누구를 말하는 거죠?

 ところが田植(たう)名人(めいじん)(すこ)しもあわてず、すました(かお)(こた)えました。

 저는 내가 명인이라고 한번도 말한 적이 없어요.

田植(たう)名人(めいじん)とは、(だれ)(こと)です?

 그 말을 듣고 공무원들은 점점 화를 냈어요.

 わたしは自分(じぶん)名人(めいじん)だなんて、(いち)()()った(おぼ)えはありませんよ」

"뭐! 나에게 말대답 할 작정이냐!"

 それを()いて、役人(やくにん)はますます(はら)()てました。

 그때 흰 수염의 할아버지가 공무원 앞으로 나가 말했습니다.

「なに! わしに口答(くちごた)えをする()か!」

관리님.

 その(とき)(しろ)いひげのおじいさんが、役人(やくにん)(まえ)(すす)()()いました。

 이 남자가 정말 모내기 명인인지는 시험해 보시지요?

「お役人(やくにん)さま。

 만약 정말로 소문난 명인이라면, 배우님이 다시 한번 명인의 자리를 올려주세요.

 この(おとこ)本当(ほんとう)田植(たう)えの名人(めいじん)かどうか、(ため)されてはいかがですか?

호호, 그렇구나.

 もし本当(ほんとう)にうわさ(どお)りの名人(めいじん)だったら、お役人(やくにん)さまがあらためて名人(めいじん)(くらい)をあげてください」

 그건 재미있군.

「ほほーう、なるほど。

 만약 명인이 아닐 때는, 이 남자와 함께 너의 목도 매겨 주마.

 それは、面白(おもしろ)いな。

 그런데 이 남자는 무슨 재주가 있어?

 もし名人(めいじん)でないときは、この(おとこ)一緒(いっしょ)にお(まえ)(くび)もはねてやろう。

네. 모종을 한 그루에 8개씩, 가로세로가 곧은 가방의 눈처럼 심을 수 있어요.

 ところでこの(おとこ)には、どんな(わざ)があるのだ?」

 그것도 배우님이 논을 한 바퀴 도는 동안입니다.

「はい。(なえ)(いち)(かぶ)(はち)(ほん)ずつ、縦横(じゅうおう)()()ぐごばんの()(よう)()える(こと)出来(でき)ます。

그래, 알았다.

 それも、お役人(やくにん)さまが()んぼを一周(いっしゅう)する()にです」

 네가 말한 대로라면, 바로 명인이야.

「よし、わかった。

 그럴만한 기념비를 내가 세워야지.

 お(まえ)()(とお)りなら、まことの名人(めいじん)だ。

 배우는 히쭉히쭉 웃으면,

 それにふさわしい記念(きねん)()を、わしが()ててやろう」

(이녀석들은 바보인가?)

 役人(やくにん)はニヤリと(わら)うと、

 아무리 그래도 논 한 바퀴를 도는 동안 모심기가 끝날 리 없을 것이다.

(こいつらは、アホか?

 뭐 괜찮아, 여기서 내가 놈들의 목을 깍아주고 힘든 관리라고 알아주면, 마을 사람들은 나에게 선물을 많이 줄 거야)

 いくら(なに)でも、()んぼを一周(いっしゅう)する()田植(たう)えが()わるわけないだろう。

라고 생각해서 모내기 명인을 큰 논에 데리고 갔습니다.

 まあいい、ここでおれが(やつ)らの(くび)をはねて、きびしい役人(やくにん)だとわからしてやれば、村人(むらびと)たちはおれに(おお)くの(おく)(もの)をすることだろう)

"좋아, 그럼, 처음!"

と、(かんが)え、田植(たう)名人(めいじん)(おお)きな()んぼに()れて()きました。

 신호함께 배우들은 논두렁길을 전력으로 달렸습니다

「よし、それでは、(はじ)め!」

 그리고 세번째 모퉁이를 돌았을 때, 주위의 마을 사람들이

 合図(あいず)ともに、役人(やくにん)()んぼのあぜ(みち)全力(ぜんりょく)(はし)りました。

앗!

 そして(みっ)()(かく)()がったとき、(まわ)りの村人(むらびと)たちから、

하고 말하는 목소리가 들렸습니다.

「わっー!」

 배우가 가만히 앉아서 발을 멈추면 어떨까요?

と、()(こえ)がわきおこりました。

 넓은 논 한쪽에 벼 모가 선을 그은 것처럼 심어져 있었습니다.

 役人(やくにん)がはっとして、(あし)をとめるとどうでしょう。

"그런 바보같으니, 어느새"

 (ひろ)()んぼ(いち)(めん)に、イネの(なえ)(せん)()いたように()えられていたのです。

 관리들은 당황해서 논에 뛰어들자 한 포기씩 수를 세웠어요.

「そんなバカな、いつの()に」

 그러자 모든 주식이 8개씩 화려하게 심고 있었습니다.

 役人(やくにん)はあわてて()んぼに()()むと、(いち)(かぶ)ずつ(かず)をかぞえました。

 과연 배우도, 이것에는 불평할 방법이 없습니다.

 するとどの(かぶ)も、見事(みごと)(はち)(ほん)ずつ()えていたのです。

"뭐, 그럭저럭 괜찮군."

 さすがの役人(やくにん)も、これには文句(もんく)のつけようがありません。

 관리들은 도망치듯 동사무소에 돌아오면 논 옆에 모내기 명인의 기념비를 세우게 했어요.

「まあ、まあまあだな」

 하지만 상당히 분했던 듯 기념비에는 명인의 이름도 세웠던 날짜도 넣지 않았어요.

 役人(やくにん)()げるようにして役所(やくしょ)(もど)ると、()んぼの(よこ)田植(たう)名人(めいじん)記念(きねん)()()てさせました。

 하지만 마을 사람들은 이 기념비를 볼 때마다 짓궂은 배우를 물리친 명인을 칭송했다는 거죠.끝

 でもよっほどくやしかったらしく、記念(きねん)()には名人(めいじん)名前(なまえ)()てた日付(ひづけ)()れませんでした。





원본:

 むかしむかし、中国に、田植えの名人と呼ばれる人がいました。  この名人にかかればどんなに広い田んぼでも、あっという間に田植えが終わってしまいます。  しかも全ての苗が、まるで線を引いたようにまっすぐ並んでいるのです。  ある年の事、村の役所に新しい役人が来ました。  村では新しい役人が来るたびに、役人に贈り物をしてごきげんをとります。  そうしないと、役人がひどい意地悪をするからです。  ところがその年は日照り続きで、自分たちの食べる物さえまんぞくにありません。  だから役人に贈り物をする者は、一人もいませんでした。  すると役人は、すっかり腹を立てて、 「けしからん。れいぎ知らずの村人たちめ、思い知らせてやるぞ!」 と、村人たちをいじめる方法を考えているところへ、田植え名人のうわさが耳に入ったのです。 「誰か、田植え名人を呼んでこい」  役人の命令で、田植え名人が役所へ連れてこられました。  役人は田植え名人を自分の前にひざまずかせると、机をたたいてどなりました。 「お前か、田植え名人というけしからん男は!   そもそも名人とは、お上が決めるものだ。  それを勝手に名人を名乗るとは、とんでもないやつだ!」  ところが田植え名人は少しもあわてず、すました顔で答えました。 「田植え名人とは、誰の事です?  わたしは自分が名人だなんて、一度も言った覚えはありませんよ」  それを聞いて、役人はますます腹を立てました。 「なに! わしに口答えをする気か!」  その時、白いひげのおじいさんが、役人の前に進み出て言いました。 「お役人さま。  この男が本当に田植えの名人かどうか、試されてはいかがですか?  もし本当にうわさ通りの名人だったら、お役人さまがあらためて名人の位をあげてください」 「ほほーう、なるほど。  それは、面白いな。  もし名人でないときは、この男と一緒にお前の首もはねてやろう。  ところでこの男には、どんな技があるのだ?」 「はい。苗を一株で八本ずつ、縦横が真っ直ぐごばんの目の様に植える事が出来ます。  それも、お役人さまが田んぼを一周する間にです」 「よし、わかった。  お前の言う通りなら、まことの名人だ。  それにふさわしい記念碑を、わしが立ててやろう」  役人はニヤリと笑うと、 (こいつらは、アホか?  いくら何でも、田んぼを一周する間に田植えが終わるわけないだろう。  まあいい、ここでおれが奴らの首をはねて、きびしい役人だとわからしてやれば、村人たちはおれに多くの贈り物をすることだろう) と、考え、田植え名人を大きな田んぼに連れて行きました。 「よし、それでは、初め!」  合図ともに、役人は田んぼのあぜ道を全力で走りました。  そして三つ目の角を曲がったとき、周りの村人たちから、 「わっー!」 と、言う声がわきおこりました。  役人がはっとして、足をとめるとどうでしょう。  広い田んぼ一面に、イネの苗が線を引いたように植えられていたのです。 「そんなバカな、いつの間に」  役人はあわてて田んぼに飛び込むと、一株ずつ数をかぞえました。  するとどの株も、見事に八本ずつ植えていたのです。  さすがの役人も、これには文句のつけようがありません。 「まあ、まあまあだな」  役人は逃げるようにして役所に戻ると、田んぼの横に田植え名人の記念碑を立てさせました。  でもよっほどくやしかったらしく、記念碑には名人の名前も立てた日付も入れませんでした。  しかし村人たちはこの記念碑を見るたびに、意地悪な役人をやっつけた名人をほめたたえたということです。おしまい
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 1,191건 11 페이지
게시물 검색

회원로그인

접속자집계

오늘
2,101
어제
1,359
최대
2,206
전체
787,125

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.