最高の宝物 > 일본 동화

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 동화

세계동화 最高(さいこう)宝物(ほうもつ)
최고의 보물

페이지 정보

Artist admin 댓글 0건 조회 555회 작성일 19-01-15 03:14

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 목록

본문

 (むかし)々あるところに、宝物(ほうもつ)(あつ)めるのが大好(だいす)きな(おとこ)がいました。

 옛날 옛적에 보물을 모으는 것을 좋아하는 남자가 있었습니다.

 (おとこ)世界中(せかいじゅう)(たび)してまわり、キラキラ(ひか)宝石(ほうせき)や、(きん)でできた(ぞう)や、(うつく)しい(ぬの)などを(あつ)めていたのです。

 남자는 온 세상을 여행하며 반짝반짝 빛나는 보석이나 돈으로 만들어진 조각상, 아름다운 천 등을 수집하고 있었습니다.





 ある()(たび)途中(とちゅう)()()れてしまったので、

 (おとこ)(ちか)くにあった(むら)(ちい)さな(いえ)()めてもらうことになりました。

 어느날, 여행 도중에 해가 저물어 버려서, 남자는 근처에 있던 마을의 작은 집에 묵게 되었습니다.

(なに)もありませんが、どうぞゆっくりしていって(くだ)さい」

 その(いえ)()んでいた青年(せいねん)は、粗末(そまつ)(さら)()れたスープを(おとこ)()()しました。

"아무것도 없습니다만, 부디 천천히 있어주세요"  그 집에 살던 청년은 허술한 접시에 넣은 국을 남자한테 내렸어요.

 (おとこ)愛想(あいそ)(わら)いをしながら、(こころ)(なか)(つぶや)きました。

 남자는 상냥한 웃음을 지으며 마음속으로 중얼거렸습니다.

本当(ほんとう)(なに)もないところだな。(いえ)はボロボロだし、この(さら)だって、まるでガラクタじゃないか」

 (おとこ)はスープを()みながら、自分(じぶん)(あつ)めた数々(かずかず)宝物(ほうもつ)のことを、青年(せいねん)自慢(じまん)(はじ)めました。 青年(せいねん)(だま)って()いていましたが、やがてこんなことを()いました。

「この(むら)にも、素敵(すてき)宝物(ほうもつ)がありますよ」

정말 아무것도 없는 곳이지.집은 너덜너덜하고, 이 접시들도 마치 낙타가 아니잖아.  남자는 스프를 마시며 자신이 수집한 보물들을 청년들에게 자랑하기 시작했습니다 "이 마을에도 멋진 보물이 있어요."

(なに)だって。本当(ほんとう)かい?」

"뭐라고?정말이야?"

「ええ、本当(ほんとう)です」

"네, 정말이에요."

「ようし、それなら、その宝物(ほうもつ)とやらを()せてもらおうじゃないか」

"여보세요, 그렇다면 그 보물이라든가 좀 보여 줄 것 같아."

()かりました。では、明日(あした)夕方(ゆうがた)まで()って(くだ)さい」

"알았어요. 그럼 내일 저녁까지 기다려 주세요"

 どうして明日(あした)夕方(ゆうがた)まで()たなければならないのか、(おとこ)不思議(ふしぎ)(おも)いましたが、とにかく青年(せいねん)()うとおりにすることにしました。

 왜 내일 저녁까지 기다려야 하는지 남자는 이상했지만 어쨌든 청년의 말대로 하기로 했어요.





 (つぎ)()夕方(ゆうがた)青年(せいねん)(おとこ)(むら)のはずれに()れていきました。

 そこには(いえ)もほとんどなく、(そら)広々(ひろびろ)(かん)じられます。

 다음날 저녁, 청년은 남자를 마을 뒤로 데리고 갔습니다.  집도 거의 없고 하늘이 훤히 보입니다.

 青年(せいねん)は、(とお)くに()える(やま)(ほう)(ゆび)さしました。

 청년은 멀리 보이는 산 쪽을 가리켰습니다.

「ほら、()(くだ)さい」

"자, 보세요. "

 青年(せいねん)(ゆび)さす方角(ほうがく)()(おとこ)は、(おも)わず(いき)()みました。

 どこまでも(ひろ)がる(そら)は、赤色(あかいろ)橙色(だいだいいろ)黄色(きいろ)様々(さまざま)(いろ)見事(みごと)()められ、紫色(むらさきいろ)(さくら)(しょく)(くも)がたなびいていました。

 청년의 손가락으로 가리키는 방향을 본 남자는 무심결에 숨을 내쉬었어요.  "어디까지까지까지 펼쳐지는 하늘은 붉은색과 주황색, 노란색, 여러가지 색으로 멋지게 물들었고, 보라색과 벚꽃색 구름이 넘실거리고 있었습니다"

 そしてその(なか)に、(くろ)々とした(やま)姿(すがた)()かび()がって()えました。

 그리고 그 안에 검은 산의 모습이 떠올랐습니다.

 (おとこ)はしばらく、(なに)()うのも(わす)れて、その景色(けしき)()つめていました。

 やがて(おとこ)()から、一筋(ひとすじ)(なみだ)(なが)()ちました。

 남자는 한동안 아무 말도 하지 않고 그 풍경을 바라보고 있었습니다.  이윽고 남자의 눈에서 한 줄기 눈물이 흘러내렸습니다.

「どうでしたか。きれいだったでしょう」

"어떻게 지냈습니까?예쁘셨죠?"

 (いえ)(もど)(みち)すがら、青年(せいねん)はにっこり(わら)って(おとこ)(はな)しかけました。

 (おとこ)は、(なに)()わずにうなずきました。

 집으로 돌아오는 길에 청년은 빙긋이 웃으며 남자에게 말을 걸었습니다.  남자는 아무 말도 하지 않고 고개를 끄덕였어요.

 夕焼(ゆうや)けが、あんなにいろいろな(いろ)をしていたなんて。

 저녁노을이 그렇게 다양한 색깔을 하고 있었다니.

 (さくら)(しょく)(くも)が、あるなんて。

 벚꽃색 구름이 있다니.

 (やま)があんなに、(おごそ)かな姿(すがた)()せるなんて…。

 산이 저렇게 험상궂은 모습을 보이다니.

素敵(すてき)宝物(ほうもつ)でしょう?」

"멋진 보물이지요?"

 青年(せいねん)は、(ふたた)(おとこ)(はな)しかけました。

 청년은 다시 남자에게 말을 걸었어요.

 (おとこ)は、青年(せいねん)(ほう)()き、こう(こた)えました。

 남자는 청년 쪽을 향해 이렇게 대답했습니다.

「ああ。最高(さいこう)宝物(ほうもつ)だよ」

おしまい

 このお(はな)しとイラストは、自作(じさく)のイラスト・フリー素材(そざい)公開(こうかい)している(さん)(ぜっ)(どう)運営(うんえい)(しゃ)(りゅう)()(すすむ)」さんのオリジナル作品(さくひん)です。

"아아. 최고의 보물이야" 끝장 이 이야기와 일러스트는 자작 일러스트 프리소재를 공개하고 있는 삼절당의 운영자 "용지진"씨의 오리지널 작품입니다.





(りゅう)()(すすむ)さんの運営(うんえい)サイト「(さん)(ぜっ)(どう)


류노신 씨 운영 사이트 삼절당






원본:

 昔々あるところに、宝物を集めるのが大好きな男がいました。  男は世界中を旅してまわり、キラキラ光る宝石や、金でできた像や、美しい布などを集めていたのです。  ある日、旅の途中で日が暮れてしまったので、 男は近くにあった村の小さな家に泊めてもらうことになりました。 「何もありませんが、どうぞゆっくりしていって下さい」  その家に住んでいた青年は、粗末な皿に入れたスープを男に差し出しました。  男は愛想笑いをしながら、心の中で呟きました。 「本当に何もないところだな。家はボロボロだし、この皿だって、まるでガラクタじゃないか」  男はスープを飲みながら、自分が集めた数々の宝物のことを、青年に自慢し始めました。 青年は黙って聞いていましたが、やがてこんなことを言いました。 「この村にも、素敵な宝物がありますよ」 「何だって。本当かい?」 「ええ、本当です」 「ようし、それなら、その宝物とやらを見せてもらおうじゃないか」 「分かりました。では、明日の夕方まで待って下さい」  どうして明日の夕方まで待たなければならないのか、男は不思議に思いましたが、とにかく青年の言うとおりにすることにしました。  次の日の夕方、青年は男を村のはずれに連れていきました。  そこには家もほとんどなく、空が広々と感じられます。  青年は、遠くに見える山の方を指さしました。 「ほら、見て下さい」  青年の指さす方角を見た男は、思わず息を飲みました。  どこまでも広がる空は、赤色や橙色や黄色や様々な色で見事に染められ、紫色や桜色の雲がたなびいていました。  そしてその中に、黒々とした山の姿が浮かび上がって見えました。  男はしばらく、何か言うのも忘れて、その景色を見つめていました。  やがて男の目から、一筋の涙が流れ落ちました。 「どうでしたか。きれいだったでしょう」  家に戻る道すがら、青年はにっこり笑って男に話しかけました。  男は、何も言わずにうなずきました。  夕焼けが、あんなにいろいろな色をしていたなんて。  桜色の雲が、あるなんて。  山があんなに、厳かな姿を見せるなんて…。 「素敵な宝物でしょう?」  青年は、再び男に話しかけました。  男は、青年の方を向き、こう答えました。 「ああ。最高の宝物だよ」おしまい このお話しとイラストは、自作のイラスト・フリー素材を公開している三絶堂の運営者「龍之進」さんのオリジナル作品です。 龍之進さんの運営サイト「三絶堂」
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

회원로그인

접속자집계

오늘
181
어제
1,903
최대
2,206
전체
727,230

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.