世界一気前のいい男 > 일본 동화

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 동화

세계동화 世界一(せかいいち)気前(きまえ)のいい(おとこ)
세계에서 가장 기특한 사나이

페이지 정보

Artist admin 댓글 0건 조회 391회 작성일 19-01-15 03:14

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 목록

본문

 むかしむかし、あるところに、アツムタイという(おとこ)がいました。

 옛날 옛적에, 어느곳에, 아톰타이라는 남자가 있었습니다.

 アツムタイは、とても気前(きまえ)がいい(ひと)で、(ひと)(なに)かが()しいとねだられれば、どんな(もの)でもおしみなく(ひと)にあげてしまうのでした。

 아쯔무타이는, 매우 활력이 좋은 사람으로, 사람에게 무엇인가를 원한다고 추궁 당하면, 어떤 것이든 마음대로 사람에게 주고 만 것입니다.

 そのアツムタイのうわさを家来(けらい)から()いた(おう)さまは、イライラしながら家来(けらい)()いつけました。

 그 아츠무 타이의 소문을 신로부터 들은 왕은 초조하면서 신하에게 일러바쳤습니다.

「わしはよく(ひと)(もの)をやるが、(だれ)(いち)(にん)として、わしの(こと)気前(きまえ)がよいとは()ってくれん。もしその(おとこ)本当(ほんとう)気前(きまえ)がよいのなら、その(おとこ)()っている(かぜ)のようにはやい名馬(めいば)をわしにくれるはずだからもらってこい」

"나는 자주 사람에게 물건을 주지만, 누구 한사람으로서 나를 기분 좋게 한다고 말해 줘.만약 그 남자가 정말 마음씨 좋은 거라면, 그 남자가 가진 바람처럼 날렵한 명마를 내 줄 테니 받아오너라.

 家来(けらい)はさっそく、アツムタイのところへ()きました。

 신하들은 즉시 아톰타이(아톰타이)에 갔습니다.





(とお)いところから、よくおいでくださいました」

먼 곳에서 잘 오셨습니다.

 家来(けらい)がアツムタイのところへ()たのはとても(さむ)(ゆき)()()だったので、アツムタイは馬小屋(うまごや)にいる世界一(せかいいち)はやい名馬(めいば)をなべにして家来(けらい)をもてなしました。

 신하들이 아츠무타이에게 온 것은 매우 추운 눈이 내리는 날이었기 때문에, 아쯔무타이는 마구간에 있는 세계 제일의 명마를 두르고 가래를 대접했습니다.

 (つぎ)(あさ)家来(けらい)(おう)さまから用件(ようけん)(つた)えると、アツムタイは()きながら()いました。

 다음 날 아침 신하께서 왕에게 용건을 전하자 아쯔무타이는 울면서 말했습니다.

(もう)(わけ)ございません。(じつ)はあなたさまをもてなす(もの)がなかったので、昨日(きのう)、その(うま)をごちそうしてしまいました。(おう)さまのお(のぞ)みをかなえてさしあげることは、出来(でき)なくなってしまいました」

"죄송합니다. 사실 당신을 대접할 게 없어서, 어제 그 말을 장만해 버렸어요.임금님의 소원을 들어드리는 일은 불가능하게 됐습니다.

 家来(けらい)はお(しろ)(かえ)ると、アツムタイの気前(きまえ)のよさを(おう)さまに(つた)えました。

 이에고로(家來)에 돌아오자, 아톰타이의 활력 넘침을 왕에게 전했습니다.

 すると(おう)さまは(まえ)よりもイライラして、とんでもない(こと)()いました。

 그러자 왕은 전보다 더 초조하고 엉뚱한 말을 했습니다.

「わしより気前(きまえ)のよい(おとこ)がいるなんて、絶対(ぜったい)(ゆる)さんぞ! アツムタイを(ころ)してその(くび)()って()れば、ほうびをどっさりやると(こく)(ちゅう)(つた)えろ!」

"나보다 기분 좋은 남자가 있으니, 절대로 허투루! 아쯔무타이를 죽이고 그 목을 가져오면, 하품이라고 온 나라에 전해줘!"

 しかしアツムタイのように気前(きまえ)のいい(おとこ)(ころ)そうと(おも)(もの)は、(くに)(ちゅう)(さが)してもいませんでした。

 하지만 애드문처럼 당찬 남자를 죽이려고 하는 사람은 온 나라를 찾지 못했어요.

 いえ、たった(いち)(にん)、アツムタイを(ころ)してほうびをもらおうとする(おとこ)がいました。

 아니, 단 한 사람, 아톰타이를 죽이고 상을 받으려는 남자가 있었습니다.

 その(おとこ)()()()()も、アツムタイを(さが)して(まわ)りました。

 그 남자는 올 날도 오다가도 아톰타이를 찾아 돌아다녔어요.

 しかしどうしても、()つける(こと)出来(でき)ません。

 하지만 도저히 찾을 수가 없어요.





 ある()(こと)(おとこ)見知(みし)らぬ(ひと)のテントに()めてもらうことになりました。

 어느 날 남자는 낯선 사람 텐트에 묵게 되었습니다.

 テントの主人(しゅじん)(たび)(おとこ)をこころよく(むか)()れて、おいしい食事(しょくじ)まで用意(ようい)してくれました。

 텐트 주인은 여행의 남자를 기분 좋게 맞아들이고, 맛있는 식사까지 마련해 주었어요.

 そして()るときは、たった(ひと)つしかない自分(じぶん)のふとんまで()してくれたのです。

 그리고 잘 때는 단 하나뿐인 내 이불까지 빌려줬습니다.





 (つぎ)(あさ)(たび)(おとこ)主人(しゅじん)()いました。

 다음 날 아침, 나그네는 남편에게 말했습니다.

「わたしは(おう)さまの命令(めいれい)で、アツムタイという(おとこ)(ころ)(たび)をしています。ですがアツムタイがどこにいるのか、さっぱりわかりません。どうしたらその(おとこ)(さが)()せるか、いい知恵(ちえ)(ちえ)はありませんか?」

"저는 임금님의 명령으로, 아쯔무타이라는 남자를 죽이는 여행을 하고 있습니다.하지만 아톰타이가 어디 있는지 전혀 모르겠어요.(어떻게 하면 그 남자를 찾아낼 수 있을까, 좋은 지혜는 없습니까?)

「・・・・・・」

「・・・・・・」

 (だま)って()いていた主人(しゅじん)は、いきなり(そと)()()きましたが、しばらくすると(かたな)(かたな)を()って(かえ)ってきました。

 잠자코 듣고 있던 남편은, 갑자기 밖으로 나갔지만, 잠시 후 칼을 들고 돌아왔습니다.

 そして(たび)(おとこ)(かたな)をさし()して、こう()うのでした。

 그리고 여행의 남자에게 칼을 꺼내서, 이렇게 말하는 것이었습니다.

「お(きゃく)さま。わたしがお(さが)しのアツムタイでございます。あなたがわたしの(くび)をほしいと()われるのなら、(よろこ)んで()()げましょう。さあどうぞ、バッサリと()()としてください」

손님. 제가 찾으시는 아톰타이입니다.당신이 내 목을 갖고 싶다고 한다면 기꺼이 드리죠.자, 어서, 싹둑 잘라 주세요.

 (たび)(おとこ)は、ビックリしました。

 여행하는 남자는 깜짝 놀랐어요.

 まさかこの(おとこ)が、(さが)していたアツムタイだったとは。

 설마 이 남자가 찾고 있던 아톰타이였다니.

 しかし(こま)っている自分(じぶん)()めてくれて、食事(しょくじ)やふとんまで用意(ようい)をしてくれた主人(しゅじん)を、とても(ころ)()にはなれませんでした。

 하지만 어려운 나를 묵혀주고 밥이나 이불까지 마련해 준 남편을 도저히 죽일 생각은 못했어요.

 (たび)(おとこ)(おう)さまの命令(めいれい)をはたさず、お(しろ)(かえ)っていきました。

 나그네는 왕의 명령을 내리지 않고 성으로 돌아갔습니다.

 そして(おう)さまに、アツムタイの(こと)報告(ほうこく)(ほうこく)したのです。

 그리고 임금님께, 아툼타이를 보고했습니다.

 すると(おう)さまは、自分(じぶん)のやろうとしたことを(ふか)反省(はんせい)して()いました。

 그러자 왕은 자기가 하려고 했던 일을 깊이 반성하고 말했습니다.

「わしはアツムタイのように、自分(じぶん)(くび)()()()にはとてもなれん。あの(おとこ)こそ、本当(ほんとう)世界(せかい)一番(いちばん)気前(きまえ)のよい(おとこ)だ」

おしまい


"나는 아쯔무타이와 같이, 자신의 목을 내미는 마음은 너무나 없을 것이다.그 남자야말로, 정말로 세계에서 가장 상냥한 남자다" 끝.






원본:

 むかしむかし、あるところに、アツムタイという男がいました。  アツムタイは、とても気前がいい人で、人に何かが欲しいとねだられれば、どんな物でもおしみなく人にあげてしまうのでした。  そのアツムタイのうわさを家来から聞いた王さまは、イライラしながら家来に言いつけました。 「わしはよく人に物をやるが、誰一人として、わしの事を気前がよいとは言ってくれん。もしその男が本当に気前がよいのなら、その男が持っている風のようにはやい名馬をわしにくれるはずだからもらってこい」  家来はさっそく、アツムタイのところへ行きました。 「遠いところから、よくおいでくださいました」  家来がアツムタイのところへ来たのはとても寒い雪の降る日だったので、アツムタイは馬小屋にいる世界一はやい名馬をなべにして家来をもてなしました。  次の朝、家来が王さまから用件を伝えると、アツムタイは泣きながら言いました。 「申し訳ございません。実はあなたさまをもてなす物がなかったので、昨日、その馬をごちそうしてしまいました。王さまのお望みをかなえてさしあげることは、出来なくなってしまいました」  家来はお城に帰ると、アツムタイの気前のよさを王さまに伝えました。  すると王さまは前よりもイライラして、とんでもない事を言いました。 「わしより気前のよい男がいるなんて、絶対に許さんぞ! アツムタイを殺してその首を持って来れば、ほうびをどっさりやると国中に伝えろ!」  しかしアツムタイのように気前のいい男を殺そうと思う者は、国中を探してもいませんでした。  いえ、たった一人、アツムタイを殺してほうびをもらおうとする男がいました。  その男は来る日も来る日も、アツムタイを探して回りました。  しかしどうしても、見つける事が出来ません。  ある日の事、男は見知らぬ人のテントに泊めてもらうことになりました。  テントの主人は旅の男をこころよく迎え入れて、おいしい食事まで用意してくれました。  そして寝るときは、たった一つしかない自分のふとんまで貸してくれたのです。  次の朝、旅の男は主人に言いました。 「わたしは王さまの命令で、アツムタイという男を殺す旅をしています。ですがアツムタイがどこにいるのか、さっぱりわかりません。どうしたらその男を探し出せるか、いい知恵(ちえ)はありませんか?」 「・・・・・・」  黙って聞いていた主人は、いきなり外に出て行きましたが、しばらくすると刀(かたな)を持って帰ってきました。  そして旅の男に刀をさし出して、こう言うのでした。 「お客さま。わたしがお探しのアツムタイでございます。あなたがわたしの首をほしいと言われるのなら、喜んで差し上げましょう。さあどうぞ、バッサリと切り落としてください」  旅の男は、ビックリしました。  まさかこの男が、探していたアツムタイだったとは。  しかし困っている自分を泊めてくれて、食事やふとんまで用意をしてくれた主人を、とても殺す気にはなれませんでした。  旅の男は王さまの命令をはたさず、お城に帰っていきました。  そして王さまに、アツムタイの事を報告(ほうこく)したのです。  すると王さまは、自分のやろうとしたことを深く反省して言いました。 「わしはアツムタイのように、自分の首を差し出す気にはとてもなれん。あの男こそ、本当に世界で一番気前のよい男だ」おしまい
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 1,191건 3 페이지
게시물 검색

회원로그인

접속자집계

오늘
494
어제
839
최대
1,876
전체
433,042

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.