대불의 눈알 - 大仏の目玉 > 일본 동화

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 동화

일본동화 大仏(だいぶつ)目玉(めだま)
대불의 눈알

페이지 정보

Artist admin 댓글 0건 조회 906회 작성일 19-01-15 02:34

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 목록

본문

「あれ? どこだ? どこにいったんだ?」

 어느 날 부처님의 눈알이 떨어져서 어디로 갔는지 모릅니다.

 ここは、むかしむかしの、奈良(なら)大仏(だいぶつ)がある東大寺(とうだいじ)です。

 스님들은 곧 교토나 오사카에서 대불 만들기 친지를 찾아와서,

 ある()大仏(だいぶつ)さまの目玉(めだま)()()ちて、どこヘいったかわかりません。

대불님 눈알을 갈아 넣으려면 얼마나 돈이 들지?

 お(ぼう)さんたちは、さっそく京都(きょうと)大阪(おおさか)から大仏(だいぶつ)(づく)りの親方(おやかた)たちをよんできて、

하고 값을 올려보았습니다.

大仏(だいぶつ)さまの目玉(めだま)()れかえるには、どれほどのお(かね)がかかる?」

 그러자, 부모들은

と、()()つもらせました。

" 그렇구나, 천 오백냥(→ 1억엔 정도)은 걸립니다"

 すると、親方(おやかた)たちは、

라고 하는 것입니다.

「そうですな、(せん)()(ひゃく)(りょう)(→1(おく)(えん)ほど)はかかります」

 부모들의 생각으로는, 먼저 아래에서 큰 눈을 감고, 눈알이 생기면 발판을 짜고, 대불(大佛)의 눈에 들게 하려는 것입니다.

と、いうのです。

 스님들은

 親方(おやかた)たちの(かんが)えでは、まず(した)(おお)きな目玉(めだま)をこしらえ、目玉(めだま)出来(でき)たら足場(あしば)()んで、大仏(だいぶつ)さまの()にはめようというものです。

"그건 너무 비싸, 천 냥에게 맡겨라"

 お(ぼう)さんたちは、

라고 합니다만, 부모들은

「それは(たか)すぎる、千両(せんりょう)にまけろ」

"그럼 적자예요.저도 장사니까."

と、いいますが、親方(おやかた)たちは、

라고 합니다.

「それでは赤字(あかじ)です。こちらも商売(しょうばい)ですから」

"그만둬. "

と、いいます。

"미안해."

「まけろ」

"그만둬. "

「まけられぬ」

"미안해."

「まけろ」

 그리고 에도에서 온 구경꾼 중 한 사람이 얼굴을 내밀었습니다.

「まけられぬ」

"나라면, 이백냥(→ 천 사백 만엔 정도)로 고칩시다"

 そこへ、江戸(えど)からきた見物(けんぶつ)(いち)(にん)(かお)()しました。

 그 말을 들은 부모들은,

「わしなら、()(ひゃく)(りょう)(→(せん)(よん)(ひゃく)(まん)(えん)ほど)で、(なお)しましょう」

"바보도 유분수다..왜 이것이 이백냥으로 고치겠는가"

 それを()いた親方(おやかた)たちは、

하고 웃었습니다.

馬鹿(ばか)にもほどがある。なんでこれが、()(ひゃく)(りょう)(なお)せるものか」

 그런데, 에도의 남자는 이렇게 생각했습니다.

と、(わら)いました。

(눈알이 빠져서 쳐다보지 못했네, 대불(大佛)님의 몸속으로 떨어졌음이 틀림없어.그것을 주워, 다시 하면 좋을 뿐이다)

 ところが、江戸(えど)(おとこ)はこう(かんが)えたのです。

 스님들은 돈이 없어서, 에도의 남자에게 부탁하기로 했습니다.

(目玉(めだま)()()ちて()つからんとすりゃあ、大仏(だいぶつ)さまの(からだ)(なか)()ちたにちがいない。それを(ひろ)って、はめ(なお)せばいいだけだ)

 에도의 남자가 눈알의 굴에서 안에 들어가 찾으면, 역시 눈알이 있었습니다.

 お(ぼう)さんたちはお(かね)がないので、江戸(えど)(おとこ)(たの)(こと)にしました。

 즉시 힘내서 위에 올려, 큰 부처님의 눈에, 딱 멈췄습니다.

 江戸(えど)(おとこ)目玉(めだま)(あな)から(なか)(はい)って(さが)すと、やっぱり目玉(めだま)がありました。

 스님이나 부모들은 그것을 보고 말했습니다.

 さっそくかついで(じょう)にあげ、大仏(だいぶつ)さまの()に、ピタッとはめました。

그녀석, 눈알을 꼈지만 나는 어디서 나올 거야.출구는 없을 텐데.

 お(ぼう)さんや親方(おやかた)たちは、それを()()いました。

 그러자 에이토의 남자는 큰 부처님의 콧구멍에서 나왔습니다.

「あいつ、目玉(めだま)をはめたはいいが、自分(じぶん)はどこから()てくるつもりだ。出口(でぐち)はないはずだが」

 모두는 감탄하고,

 するとなんと、江戸(えど)(おとこ)大仏(だいぶつ)さまの(はな)(あな)から()てきたのです。

허허, 눈에서 코로 빠져나갔군.

 みんなは感心(かんしん)して、

라고 에도의 남자를 칭찬했습니다.

「ほほう、()から(はな)()けおったわい」

 그 때부터입니다.

と、江戸(えど)(おとこ)をほめたたえました。

 끈질긴 사람을 '눈에서 코로 빠져나간다'라고 말하게 된 것은. 끝

 それからです。





원본:

「あれ? どこだ? どこにいったんだ?」  ここは、むかしむかしの、奈良の大仏がある東大寺です。  ある日、大仏さまの目玉が抜け落ちて、どこヘいったかわかりません。  お坊さんたちは、さっそく京都や大阪から大仏作りの親方たちをよんできて、 「大仏さまの目玉を入れかえるには、どれほどのお金がかかる?」 と、値を見つもらせました。  すると、親方たちは、 「そうですな、千五百両(→1億円ほど)はかかります」 と、いうのです。  親方たちの考えでは、まず下で大きな目玉をこしらえ、目玉が出来たら足場を組んで、大仏さまの目にはめようというものです。  お坊さんたちは、 「それは高すぎる、千両にまけろ」 と、いいますが、親方たちは、 「それでは赤字です。こちらも商売ですから」 と、いいます。 「まけろ」 「まけられぬ」 「まけろ」 「まけられぬ」  そこへ、江戸からきた見物の一人が顔を出しました。 「わしなら、二百両(→千四百万円ほど)で、直しましょう」  それを聞いた親方たちは、 「馬鹿にもほどがある。なんでこれが、二百両で直せるものか」 と、笑いました。  ところが、江戸の男はこう考えたのです。 (目玉が抜け落ちて見つからんとすりゃあ、大仏さまの体の中ヘ落ちたにちがいない。それを拾って、はめ直せばいいだけだ)  お坊さんたちはお金がないので、江戸の男に頼む事にしました。  江戸の男が目玉の穴から中に入って探すと、やっぱり目玉がありました。  さっそくかついで上にあげ、大仏さまの目に、ピタッとはめました。  お坊さんや親方たちは、それを見て言いました。 「あいつ、目玉をはめたはいいが、自分はどこから出てくるつもりだ。出口はないはずだが」  するとなんと、江戸の男は大仏さまの鼻の穴から出てきたのです。  みんなは感心して、 「ほほう、目から鼻へ抜けおったわい」 と、江戸の男をほめたたえました。  それからです。  かしこい人のことを『目から鼻へ抜ける』と、言うようになったのは。おしまい
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 1,191건 11 페이지
게시물 검색

회원로그인

접속자집계

오늘
800
어제
1,721
최대
2,499
전체
898,657

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.