- 七夕さんのはじまり > 일본 동화

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 동화

일본동화 七夕(たなばた)さんのはじまり

페이지 정보

Artist admin 댓글 0건 조회 875회 작성일 19-01-15 02:33

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 목록

본문

 むかしむかし、あるところに、ほうろく()りがいました。





원본:

 むかしむかし、あるところに、ほうろく売りがいました。  ほうろくというのは、土で作ったフライパンの様な物です。  ある年の七月、ほうろく売りが山道を通りかかると、娘たちが湖で水浴びをしていました。  ふと見ると、目の前に美しい着物がおいてあります。 (ああっ、何てきれいな着物なんだろう)  ほうろく売りはその着物がほしくなり、その中の一枚をすばやくカゴに入れて、何くわぬ顔で通りすぎていきました。  ところがタ方、仕事を終えたほうろく売りがそこへ戻ってくると、一人の美しい娘がシクシクと泣いているのです。 (ははん。さては、わしに着物をとられた娘だな)  ほうろく売りはそのまま通り過ぎようとしましたが、娘の着物を盗んだという罪の意識もあったので、娘に自分の着物を着せてやると、家につれて帰りました。  さてこの娘、見れば見るほど美人です。  ほうろく売りはこの娘が好きになり、自分のお嫁さんにしました。  やがて子どもが生まれて、親子三人は仲良く暮らしていました。  ある日の事です。  ほうろく売りが仕事に出かけた後、お嫁さんが子どもを寝かせながら、ふと天井を見てみると、何やらあぶら紙(→物を保存するための和紙)につつんだ物があります。 (あら、何のつつみかしら?)  お嫁さんがつつみを開いてみると、中には盗まれた着物が入っていました。 「あっ! これはわたしの着物! きっと、あの人が盗んだに違いないわ。ゆるさない!」  お嫁さんはその着物をすばやく着ると、子どもをかかえて空へのぼろうとしました。  そこへ、ほうろく売りが帰ってきたのです。  一目で全てをさとったほうろく売りは、お嫁さんに手をついてあやまりました。 「ま、待ってくれ! わたしが悪かった。だから待ってくれ!」 「いいえ! わたしは天の国へもどります! あなたに着物をとられて、しかたなくお嫁さんになりましたが、わたしはもともと天女(てんにょ)です」 「すまない! あやまる! 今までに何度も返そうと思ったが、お前がどこかへ行ってしまうのではないかと心配で、返すに返せなかったんだ」 「いいわけは聞きません。さようなら」 「たのむ! 何でもする。どんなつぐないでもする。だから、わたしをおいていかないでくれ!」  必死にあやまる男の姿に、心をうたれたお嫁さんは、 「・・・では、もし本当にわたしが大切なら、本当にわたしに会いたいのなら、わらじを千足つくって、天にのぼってきなさい。そうすれば親子三人、今まで通り暮らす事が出来るでしょう」 と、言うと、お嫁さんは子どもとともに、天高くのぼっていってしまいました。 「わらじを千足だな。よし、つくってやる!」  ほうろく売りはお嫁さんに会いたい一心で、毎日毎日、朝から晩までごはんも食べずに、わらじをつくりました。  何日もかかって、やっと九百九十九足のわらじが出来ました。 (よし、あと一足だ。あと一足で、あいつと子どもに会えるんだ)  そう思うと、ほうろく売りはがまん出来なくなり、一足たりないまま外へ飛び出すと、天に向かって、 「おーい、はやくむかえにきてくれー!」 と、叫びました。  すると天から、ひとかたまりの雲がおりてきました。  ほうろく売りがその雲に乗ると、雲は上へ上へとのぼっていきました。  ところがわらじが一足たりないため、あと少しの所で天の国へ着くというのに、それっきり雲が動かなくなりました。 「あっ、あなた、本当にきてくれたのね」  天女は一生懸命に手を振っているほうろく売りを見つけると、はたおりの棒を下へのばしました。  ほうろく売りはその棒につかまり、何とか雲の上に出ることが出来たのです。  さて、天女の家にはおじいさんとおばあさんがいて、赤ちゃんのおもりをしています。 「この人が、この子のお父さんです」  天女はほうろく売りを、二人の前につれていきました。  でも二人は怖い顔で、ほうろく売りをにらみました。  何とかして、ほうろく売りを追い返そうと考えていたのです。  そこでほうろく売りにザルをわたして、それで水をくんでくるように言いました。  穴のたくさん開いたザルでは、水をくんでくることが出来ません。  ほうろく売りが困っていると、お嫁さんはザルにあぶら紙をしいてくれました。  ほうろく売りはそれに水をくんで、二人のところへ持っていきました。 「うむ、人間にしてはなかなか知恵がある。ほうびに、このウリをやろう。横に切って食べろ」  そう言って、おじいさんはほうろく売りに大きなウリをくれました。  天の国では、ウリをたてに切って食べます。  もし横に切ったら、水がどんどん出てきて止まらなくなるのです。  そんな事とは知らないほうろく売りが、ウリを横に切ったから大変です。  切り口から水がふきだして止まらなくなり、ほうろく売りは天の川に流されて、どんどん遠くへ行ってしまいました。  それを見て、お嫁さんが叫びました。 「あなたーっ、父母を説得して、月に一度、水の流れを止めてもらいます。毎月の七日に会いに来てください」  ところがほうろく売りは、水の流れの音のために聞きちがえて、 「よし、わかった。毎年の七月七日だな」 と、言って、そのまま流されてしまいました。  こうして二人は、年に一回、七月七日の七夕にしか会えなくなったという事です。おしまい たなばたのおりがみをつくろう おりがみくらぶより
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 1,191건 11 페이지
게시물 검색

회원로그인

접속자집계

오늘
834
어제
1,721
최대
2,499
전체
898,691

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.