黄門さまのイジワル > 일본 동화

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 동화

일본동화 黄門(こうもん)さまのイジワル
황문님의 이지와르

페이지 정보

Artist admin 댓글 0건 조회 490회 작성일 19-01-15 02:36

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 목록

본문

「ひかえおろう。この紋所(もんどころ)(もんどころ)が、()(はい)らぬか」

"한 번 더 해 두자. 이 문장이 눈에 들어오지 않겠니?"

と、身分(みぶん)(かく)して日本(にっぽん)(ちゅう)(めぐ)(めぐ)り(ある)き、悪人(あくにん)をこらしめる水戸黄門(みとこうもん)(みとこうもん)は、テレビなどで有名(ゆうめい)です。

라고, 신분을 숨기고 일본중을 돌아, 악인을 혼내주는 미토 황문은, 텔레비전등으로 유명합니다.

 でも実際(じっさい)黄門(こうもん)さまは学問(がくもん)(つづ)けながらひっそりと()らし、1700(ねん)(元禄(げんろく)13(ねん))12月(じゅうにがつ)(にち)、72(さい)(しず)かに()()ったそうです。

 실제의 벼슬 이름의 하나 님은 학문을 계속하면서 조용히 살고 1700년(겐로쿠 13년)12월 6일 72세로 조용히 세상을 떠났대요.





 その黄門(こうもん)さまは()どもの(ころ)大変(たいへん)(あく)ガキで、いつも(とも)だちと(あそ)んでばかりいました。

 그 황문님은 어렸을 때 아주 장난꾸러기여서 늘 친구들과 놀기만 했어요.

 ある(とき)父親(ちちおや)殿(との)さま黄門(こうもん)さまに(たず)ねました。

 어느 날 아버지 전신이 황문에게 물으셨습니다.

「もし、戦場(せんじょう)(いくさば)でわしが(ふか)(きず)(きず)を()(お)って(たお)れたら、お(まえ)はわしを(たす)けるか?」

"만약, 전장에서 내가 깊은 상처를 입고 쓰러지면, 너는 나를 도울까?"

 すると黄門(こうもん)さまは、

 그러자 황문님은,

「いいえ。(たす)けません」

"아니요. 도와주지 않겠습니다."

と、きっぱり()いました。

라고 단호하게 말했습니다.

(なに)だと! なぜ、(ちち)(たす)けぬのだ!」

"뭐라고! 왜, 아버지를 돕는 거야!"

と、()(かえ)されて、

하고 반문하셨다.

「わたくしは、(たお)れた父上(ちちうえ)()()えて、(てき)(てき)と(たたか)います」

"나는, 쓰러진 아버지를 넘어 적과 싸웁니다"

と、(こた)えたので、

라고 대답했으므로,

「それは見事(みごと)!」

"그건 훌륭해!"

と、殿(との)さまはとても感心(かんしん)したそうです。

그런데 그 선생님은 매우 감탄했다고 합니다.





 さて、黄門(こうもん)さまには三木(みき)(たけし)太夫(たゆう)(みきたけだゆう)という、お(そば)(つか)える(もの)がいました。

 그런데, 황문님께는 미키 다케다유(三木武太夫)라고 하는, 옆을 시중드는 사람이 있었습니다.

 (たけ)太夫(たゆう)(たけだゆう)は()どもの(ころ)から、『カミナリ』と『アズキがゆ』が大嫌(だいきら)いで、それは大人(おとな)になっても(なお)りませんでした。

 타케다유는 어릴 적부터, "카미나리"와 "아즈키가유"를 매우 싫어하고, 그것은 어른이 되어서도 낫지 않았습니다.

 ある(とき)黄門(こうもん)さまは(たけ)太夫(たゆう)()んで(たず)ねました。

 어느 때 황문님은 무다유를 불러 물으셨습니다.

「その(ほう)好物(こうぶつ)(こうぶつ)は、(なに)であったか?」

"그분이 좋아하는 것은, 무엇이었나?"

 すると(たけ)太夫(たゆう)見栄(みえ)(みえ)を()って、

 그랬더니 타케다후는 허영을 부리고,

「はい。カミナリとアズキがゆが、(だい)好物(こうぶつ)であります」

"네. 카미나리와 팥죽이 은은한 게 아주 좋은 것 같아요."

と、(こた)えたのです。

라고 대답했습니다.

「そうか。カミナリは()せぬが、アズキがゆならすぐに()してやるぞ」

"그래?카미나리는 못 내지만, 팥이 삶으면 바로 내 줄게."

 黄門(こうもん)さまはアズキがゆを(つく)らせると、それをイジワルそうに()()しました。

 황문님은 팥죽을 만들게 하면, 그것을 이지와르듯이 내밀었습니다.

「さあ、アズキがゆが出来(でき)た。遠慮(えんりょ)()く、()べてよいぞ」

"자, 팥이 삶아졌다. 사양하지 말고 먹어도 좋다"

「はあ、・・・」

아.

「うん? どうした? 好物(こうぶつ)であろう?」

"응? 왜그래? 좋아하는 거지?"

「はい、・・・」

네.

()べぬのか? それとも、アズキがゆは(きら)いか?」

"먹을까? 아니면 팥죽은 싫어?"

「いえ、その・・・」

"아니, 그..."

 (たけ)太夫(たゆう)決心(けっしん)すると(かた)()をつぶり、アズキがゆを丸呑(まるの)みする(よう)()べたそうです。

 타케다오는 결심하면 굳게 눈을 감고, 팥이 죽을 통째로 먹었다고 합니다.





 さて、それからしばらくたって、黄門(こうもん)さまにお(きゃく)()(とき)(こと)です。

 자, 그리고 얼마 후에 황문님께 손님이 왔을 때 말입니다.

 (そら)(きゅう)(くら)くなり、ゴロゴロとカミナリが()()しました。

 하늘이 갑자기 어두워지고, 땅볼과 카미나리가 울리기 시작했습니다.

 黄門(こうもん)さまは、しめたとばかりに()いました。

 황문님은 잠자코 있다고만 말했습니다.

「お客人(きゃくじん)よ。(じつ)はな、ここにはカミナリの大好(だいす)きな(もの)がおりまして、あれが()ると(だい)(よろこ)びするのです」

"손님. 사실 여기엔 카미나리를 아주 좋아하는 사람이 있어서, 그게 울면 아주 기뻐하는 거예요."

 そう()って(たけ)太夫(たゆう)()()せると、またしてもイジワルそうに()いました。

 그렇게 말하고 우다오를 불러들이자, 다시 이지왈처럼 말했습니다.

「ほれ、お(まえ)(だい)好物(こうぶつ)のカミナリが()っておるぞ。うれしいだろう。すまぬが、投網(なげあみ)(とあみ)をうって(いけ)(さかな)()ってまいれ」

"응, 네가 좋아하는 카미나리가 울리고 있어. 기쁘지.참새가 투망을 치고 연못에 있는 물고기를 잡아라.

「はい、その、それは・・・」

"네, 그, 그건......"

(なに)をしておる。カミナリは(きら)いか?」

"무엇을 하고 있어? 카미나리는 싫어?"

「いえ、その・・・」

"아니, 그..."

 (たけ)太夫(たゆう)決心(けっしん)すると、雷鳴(らいめい)(らいめい)のとどろく(なか)(いけ)()って(さかな)()ってきました。

 타케다오는 결심을 하자, 뇌성이 울리는 가운데, 연못에 가서 물고기를 잡아 왔습니다.





 それからもこんな(こと)(なん)()もあり、(たけ)太夫(たゆう)はカミナリとアズキがゆ(ぎら)いを克服(こくふく)(こくふく)していったのです。

 그 후로도 이런 일이 몇 번이고 있어, 타케다오는 카미나리와 팥이 너무 싫어져서 극복해갔습니다.

 それから()黄門(こうもん)さまが()くなってから(たけ)太夫(たゆう)は、

 그리고 나중엔 황문님이 돌아가시고나서 무다유는

「どんなに(きら)いな(もの)でも、努力(どりょく)(なお)せるものだ。それをわたしは、黄門(こうもん)さまから(おし)えられた」

아무리 싫은 것이 있어도 노력으로 치유될 수 있는 것이다.나는 황문에게서 가르침을 받았다.

と、黄門(こうもん)さまの行動(こうどう)(イジワル?)を、とても感謝(かんしゃ)したという(こと)です。

おしまい


그리고 황문님의 행동(이지와르?)을 매우 감사했다고 합니다.끝






원본:

「ひかえおろう。この紋所(もんどころ)が、目に入らぬか」 と、身分を隠して日本中を巡(めぐ)り歩き、悪人をこらしめる水戸黄門(みとこうもん)は、テレビなどで有名です。  でも実際の黄門さまは学問を続けながらひっそりと暮らし、1700年(元禄13年)12月6日、72歳で静かに世を去ったそうです。  その黄門さまは子どもの頃、大変な悪ガキで、いつも友だちと遊んでばかりいました。  ある時、父親の殿さまが黄門さまに尋ねました。 「もし、戦場(いくさば)でわしが深い傷(きず)を負(お)って倒れたら、お前はわしを助けるか?」  すると黄門さまは、 「いいえ。助けません」 と、きっぱり言いました。 「何だと! なぜ、父を助けぬのだ!」 と、聞き返されて、 「わたくしは、倒れた父上を乗り越えて、敵(てき)と戦います」 と、答えたので、 「それは見事!」 と、殿さまはとても感心したそうです。  さて、黄門さまには三木武太夫(みきたけだゆう)という、お側に仕える者がいました。  武太夫(たけだゆう)は子どもの頃から、『カミナリ』と『アズキがゆ』が大嫌いで、それは大人になっても治りませんでした。  ある時、黄門さまは武太夫を呼んで尋ねました。 「その方の好物(こうぶつ)は、何であったか?」  すると武太夫は見栄(みえ)を張って、 「はい。カミナリとアズキがゆが、大好物であります」 と、答えたのです。 「そうか。カミナリは出せぬが、アズキがゆならすぐに出してやるぞ」  黄門さまはアズキがゆを作らせると、それをイジワルそうに差し出しました。 「さあ、アズキがゆが出来た。遠慮無く、食べてよいぞ」 「はあ、・・・」 「うん? どうした? 好物であろう?」 「はい、・・・」 「食べぬのか? それとも、アズキがゆは嫌いか?」 「いえ、その・・・」  武太夫は決心すると固く目をつぶり、アズキがゆを丸呑みする様に食べたそうです。  さて、それからしばらくたって、黄門さまにお客が来た時の事です。  空が急に暗くなり、ゴロゴロとカミナリが鳴り出しました。  黄門さまは、しめたとばかりに言いました。 「お客人よ。実はな、ここにはカミナリの大好きな者がおりまして、あれが鳴ると大喜びするのです」  そう言って武太夫を呼び寄せると、またしてもイジワルそうに言いました。 「ほれ、お前の大好物のカミナリが鳴っておるぞ。うれしいだろう。すまぬが、投網(とあみ)をうって池の魚を取ってまいれ」 「はい、その、それは・・・」 「何をしておる。カミナリは嫌いか?」 「いえ、その・・・」  武太夫は決心すると、雷鳴(らいめい)のとどろく中、池に行って魚を取ってきました。  それからもこんな事が何度もあり、武太夫はカミナリとアズキがゆ嫌いを克服(こくふく)していったのです。  それから後、黄門さまが亡くなってから武太夫は、 「どんなに嫌いな物でも、努力で治せるものだ。それをわたしは、黄門さまから教えられた」 と、黄門さまの行動(イジワル?)を、とても感謝したという事です。おしまい
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 1,191건 17 페이지
게시물 검색

공지사항

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

접속자집계

오늘
137
어제
928
최대
2,402
전체
692,612

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.