家柄比べをするキツネとサル > 일본 동화

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 동화

이솝우화 家柄(いえがら)(くら)べをするキツネとサル
가문을 비교하는 여우와 원숭이

페이지 정보

Artist admin 댓글 0건 조회 361회 작성일 19-01-15 13:14

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 목록

본문

 キツネとサルが一緒(いっしょ)(たび)をしながら、どちらの家柄(いえがら)立派(りっぱ)かについて、()(あらそ)っていました。

 여우와 원숭이가 함께 여행을 하면서, 어느 집이 훌륭한지에 대해 다투고 있었습니다.

 めいめい、先祖(せんぞ)がどんなに(えら)かったという(はなし)をくどくどしているうちに、ある場所(ばしょ)にさしかかりました。

 하필이면 선조들이 얼마나 훌륭했다는 말을 되뇌다가 어느 장소로 접어들었습니다.

 サルはそのあたりをながめ(まわ)して、(きゅう)()(はじ)めました。

 원숭이는 그 주위를 둘러보고 갑자기 울기 시작했습니다.

「どうしたのです?」

"어떻게 된 겁니까?"

と、キツネが(たず)ねますと、サルはそこに(なら)んでいるお(はか)(ゆび)()してこう()いました。

여우가 묻자 원숭이는 거기 서 있는 무덤을 가리키며 이렇게 말했습니다.

「これが()かずにいられましょうか。

이게 울지 않을까요.

 だってこのお(はか)は、わたしの先祖(せんぞ)(つか)えた召使(めしつか)いや奴隷(どれい)たちの(はか)なのですから」

 왜냐하면 이 무덤은 내 조상을 섬긴 하인이나 노예들의 무덤일 테니까요.

「へーえ、なるほど」

"아, 그렇군요"

と、キツネが()いました。

라고 여우가 말했습니다.

「お(まえ)さん、つきたいだけうそをつくがいいさ。

"너, 하고 싶은 만큼 거짓말을 하는게 좋아.

 そのお(はか)(はい)っている連中(れんちゅう)は、(だれ)もあそこから()てきて、お(まえ)がうそをついていると()えないのだから」

 그 무덤 속에 있는 사람들은 아무도 저쪽에서 나와서 네가 거짓말한다고 할 수 없으니까.





 うそつきは、うそがばれる心配(しんぱい)のない(とき)ほど、おおぼらをふくものです。

おしまい


 거짓말쟁이는 거짓말이 발각될 염려가 없을때일수록 대바보라를 포함한 것입니다.끝






원본:

 キツネとサルが一緒に旅をしながら、どちらの家柄が立派かについて、言い争っていました。  めいめい、先祖がどんなに偉かったという話をくどくどしているうちに、ある場所にさしかかりました。  サルはそのあたりをながめ回して、急に泣き始めました。 「どうしたのです?」 と、キツネが尋ねますと、サルはそこに並んでいるお墓を指差してこう言いました。 「これが泣かずにいられましょうか。  だってこのお墓は、わたしの先祖に仕えた召使いや奴隷たちの墓なのですから」 「へーえ、なるほど」 と、キツネが言いました。 「お前さん、つきたいだけうそをつくがいいさ。  そのお墓に入っている連中は、誰もあそこから出てきて、お前がうそをついていると言えないのだから」  うそつきは、うそがばれる心配のない時ほど、おおぼらをふくものです。おしまい
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 1,191건 1 페이지
일본 동화 목록
제목 조회 추천 날짜
이솝우화 1147 0 2019-01-15
이솝우화 823 0 2019-01-15
이솝우화 787 0 2019-01-15
이솝우화 786 0 2019-01-15
이솝우화 761 0 2019-01-15
일본동화 419 0 2019-01-15
이솝우화 397 0 2019-01-15
이솝우화 373 0 2019-01-15
이솝우화 373 0 2019-01-15
이솝우화 362 0 2019-01-15
열람중 이솝우화 362 0 2019-01-15
이솝우화 332 0 2019-01-15
이솝우화 330 0 2019-01-15
세계동화 320 0 2019-01-15
세계동화 296 0 2019-01-15
게시물 검색

회원로그인

접속자집계

오늘
276
어제
944
최대
1,165
전체
221,468

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.