酔っぱらいとおかみさん > 일본 동화

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 동화

이솝우화 ()っぱらいとおかみさん
술 취한 모습

페이지 정보

Artist admin 댓글 0건 조회 541회 작성일 19-01-15 13:13

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 목록

본문

 亭主(ていしゅ)(だい)酒飲(さけの)みで、とても(こま)っているおかみさんがいました。

 남편이 술을 많이 마셔서 매우 곤란한 아주머니가 있었습니다.

 (なん)とかして()っぱらいのくせを(なお)そうとさんざん(かんが)えて、1つの作戦(さくせん)(おも)いつきました。

 亭主(ていしゅ)がいつもの(よう)にグデングデンに()っぱらって、()んだ(よう)(ねむ)()んでいる(とき)(ねら)って、

 おかみさんは亭主(ていしゅ)(かた)をかついで墓地(ぼち)まで()きました。

 어떻게든 주정뱅이 버릇을 고칠까 생각하면서, 하나의 작전을 생각해냈습니다.  남편이 평소처럼 구텐에 취해 죽은 듯이 잠들어 있을 때를 노리고 주인 아주머니의 어깨를 감싸고 묘지까지 갔습니다.

 そして、(かこ)いの(なか)のお(はか)()()かせて、自分(じぶん)(いえ)(かえ)りました。

 しばらくして、そろそろ()いが()めかけたと(おも)(ころ)、おかみさんはまた墓地(ぼち)(もど)って、(かこ)いの()をドンドン(はた)きました。

 그리고 울타리 안에 있는 무덤 속에 재우고 나는 집으로 돌아왔습니다.  잠시 후, 슬슬 술이 깼다고 생각될 무렵, 주인 아주머니는 다시 묘지로 돌아와, 울타리 문을 쿵쿵 두드리고 말았습니다.

(だれ)だ?! ()(たた)いている(やつ)は?」

누구야? 문을 두드리는 녀석은?

と、()っぱらい亭主(ていしゅ)()いました。

()んだ(ひと)たちに、()(もの)(はこ)ぶものであるぞ」

하고 술 취한 남편이 말했습니다. 죽은 사람들에게 음식을 나르는 거야.

と、おかみさんは、重々しい(おもおもしい)(こえ)()いました。

주인 아주머니는 무거운 목소리로 말했습니다

 すると、()っぱらい亭主(ていしゅ)は、

 그러자, 술취한 정주는,

()(もの)なんか、いりません。どうぞ、わたしに(さけ)()ってきて(くだ)さい。()(もの)だけで(さけ)がないとはひどいです」

음식은 필요 없어요.어서 저한테 술 좀 갖다 주세요.음식만으로 술이 없다니 너무하죠.

と、()うではありませんか。

 おかみさんは、(むね)をかきむしって(さけ)びました。

라고 말하지 않습니까.  아주머니는 가슴을 쓸어뜯었습니다.

「ああ、(なん)となさけない(こと)だろう。

"아아, 뭐라 할 수 없는 일이었을까.

 お(まえ)さんには、せっかくの作戦(さくせん)全然(ぜんぜん)()()がないんだからねえ。

 너에게는 모처럼의 작전도 전혀 효과가 없잖아.

 こりるどころか、ひどくなるばっかりだよ。

 넘어지기는커녕 심해지는 것뿐이야.

 ()っぱらう(こと)がくせなんかでなくて、まるで()まれつきの性質(せいしつ)みたいになってしまっているのだから」

 술 취한 사람이 버릇이 없어 마치 타고난 성품처럼 돼버리니까.





 このお(はな)しは、()くない(こと)()(かえ)()(かえ)していると、()らないうちに習慣(しゅうかん)()()いてしまって(なお)らなくなるから()をつけなければいけないと、(おし)えています。

おしまい


 이 이야기는, 안 좋은 일을 반복하고 있으면, 모르는 사이에 습관이 몸에 익혀서 낫지 않게 되기 때문에 조심해야 한다고, 가르치고 있습니다.끝






원본:

 亭主が大酒飲みで、とても困っているおかみさんがいました。  何とかして酔っぱらいのくせを治そうとさんざん考えて、1つの作戦を思いつきました。  亭主がいつもの様にグデングデンに酔っぱらって、死んだ様に眠り込んでいる時を狙って、 おかみさんは亭主の肩をかついで墓地まで行きました。  そして、囲いの中のお墓の間に寝かせて、自分は家へ帰りました。  しばらくして、そろそろ酔いが覚めかけたと思う頃、おかみさんはまた墓地に戻って、囲いの戸をドンドン叩きました。 「誰だ?! 戸を叩いている奴は?」 と、酔っぱらい亭主が言いました。 「死んだ人たちに、食べ物を運ぶものであるぞ」 と、おかみさんは、重々しい声で言いました。  すると、酔っぱらい亭主は、 「食べ物なんか、いりません。どうぞ、わたしに酒を持ってきて下さい。食べ物だけで酒がないとはひどいです」 と、言うではありませんか。  おかみさんは、胸をかきむしって叫びました。 「ああ、何となさけない事だろう。  お前さんには、せっかくの作戦も全然効き目がないんだからねえ。  こりるどころか、ひどくなるばっかりだよ。  酔っぱらう事がくせなんかでなくて、まるで生まれつきの性質みたいになってしまっているのだから」  このお話しは、良くない事を繰り返し繰り返していると、知らないうちに習慣が身に付いてしまって治らなくなるから気をつけなければいけないと、教えています。おしまい
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 1,191건 1 페이지
일본 동화 목록
제목 조회 추천 날짜
이솝우화 884 0 2019-01-15
이솝우화 583 0 2019-01-15
이솝우화 555 0 2019-01-15
열람중 이솝우화 542 0 2019-01-15
이솝우화 541 0 2019-01-15
이솝우화 327 0 2019-01-15
일본동화 323 0 2019-01-15
이솝우화 296 0 2019-01-15
이솝우화 295 0 2019-01-15
이솝우화 294 0 2019-01-15
이솝우화 288 0 2019-01-15
세계동화 260 0 2019-01-15
이솝우화 258 0 2019-01-15
이솝우화 254 0 2019-01-15
세계동화 234 0 2019-01-15
게시물 검색

회원로그인

접속자집계

오늘
497
어제
938
최대
1,165
전체
196,851

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.