クジャクとカラス > 일본 동화

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 동화

이솝우화 クジャクとカラス
공작과 까마귀

페이지 정보

Artist admin 댓글 0건 조회 450회 작성일 19-01-15 13:11

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 목록

본문

 (とり)たちが(おう)さまを(えら)(ため)に、相談(そうだん)していました。

 새들이 왕을 뽑기 위해 상담하고 있었습니다.

 クジャクが、

 공작이,

「わたしは(うつく)しいから、(おう)さまになるのが当然(とうぜん)でしょう」

"나는 아름답기 때문에 왕이 되는 게 당연하죠."

と、()いました。

라고 말했습니다.

 (とり)たちは、

 새들은,

「なるほど。そうだな」

"그렇군. 그렇군."

と、(おも)って、クジャクを(おう)さまにしようとしました。

라고 생각해서 공작을 왕으로 삼으려 했습니다.

 その(とき)、カラスが(さけ)びました。

 그때 까마귀가 외쳤습니다.

「ちょっと()った! クジャクくん。あんたが(おう)さまになった(とき)に、ワシが(おそ)いかかって()たら、あんたはどうやってわたしたちを(まも)ってくれるのかね?」

잠깐만!네가 왕이 되었을 때 독수리가 덮쳐 오면 너는 어떻게 우리를 지켜주겠니?

「・・・。わたしは、(うつく)しいから」

"...나는 아름답으니까"

「あんたの(うつく)しい(はね)が、ワシを()(かえ)してくれるのか?」

네 아름다운 날개가 독수리를 쫓아주는 거야?

「・・・」

「・・・」





 リーダーになる(ひと)は、表面(ひょうめん)(てき)(うつく)しさよりも、みんなの危険(きけん)予想(よそう)出来(でき)(ひと)がふさわしいと、このお(はな)しは(おし)えています。

おしまい


 리더가 되는 사람은, 표면적인 아름다움보다, 모두의 위험을 예상할 수 있는 사람이 적합하다고, 이 이야기는 가르치고 있습니다.끝






원본:

 鳥たちが王さまを選ぶ為に、相談していました。  クジャクが、 「わたしは美しいから、王さまになるのが当然でしょう」 と、言いました。  鳥たちは、 「なるほど。そうだな」 と、思って、クジャクを王さまにしようとしました。  その時、カラスが叫びました。 「ちょっと待った! クジャクくん。あんたが王さまになった時に、ワシが襲いかかって来たら、あんたはどうやってわたしたちを守ってくれるのかね?」 「・・・。わたしは、美しいから」 「あんたの美しい羽が、ワシを追い返してくれるのか?」 「・・・」  リーダーになる人は、表面的な美しさよりも、みんなの危険を予想出来る人がふさわしいと、このお話しは教えています。おしまい
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 1,191건 3 페이지
게시물 검색

회원로그인

접속자집계

오늘
461
어제
839
최대
1,876
전체
433,009

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.