사자와 진달래 키우기 - ライオンとヒツジ飼い > 일본 동화

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 동화

이솝우화 ライオンとヒツジ()
사자와 진달래 키우기

페이지 정보

Artist admin 댓글 0건 조회 3,356회 작성일 19-01-15 13:10

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 목록

본문

 (もり)(ある)(まわ)っていたライオンが、うっかりイバラを()んで、(あし)にトゲを()してしまいました。

하고 말하듯 꼬리를 흔들었습니다.  진달래 길이는 용감하게도 이 사자를 알아내고 발에 꽂힌 가시를 발견하자 사자의 앞발을 내 무릎 위에 올려놓고 그 가시를 뽑아주었습니다.  통증이 없어진 사자는 진달래 기르고 다시 고개를 숙이자 숲으로 돌아갔습니다.

 そこでライオンは、(ちか)くに()むヒツジ()いのところへ()き、やさしい()(あたま)()げると、まるで、

(わたし)には、あなたの(たす)けが必要(ひつよう)です』



と、でも()うように、尻尾(しっぽ)()りました。

 ヒツジ()いは勇敢(ゆうかん)にも、このライオンを調(しら)べてやり、(あし)()さったトゲを()つけると、ライオンの前足(まえあし)自分(じぶん)のひざの(うえ)()せて、そのトゲを()いてやりました。

 (いた)みのなくなったライオンは、ヒツジ()いにもう一度(いちど)(あたま)()げると、(もり)へと(かえ)って()きました。

 그리고 한참 지난 어느 날의 일.



 진달래기는 억울한 죄로 잡혀 재판 결과 사자한테 던져주라는 사형을 선고받았어요.  경첩이 자꾸 억울함을 호소하지만, 판사는 들어주지 않아요.

 それからしばらく()ぎた、ある()(こと)

 법관의 명령으로 사자를 넣어 있는 오리의 문이 열렸습니다.  하지만 사형을 위해 오리온이 날뛰던 사자가었어요.

 ヒツジ()いは無実(むじつ)(つみ)(つか)まり、裁判(さいばん)結果(けっか)、『ライオンに()(あた)えよ』と、いう死刑(しけい)宣告(せんこく)されました。

 ヒツジ()いが(なん)()無実(むじつ)(うった)えますが、裁判官(さいばんかん)()()れてくれません。

 사자는 그가 자신의 가시를 잡아준 진달래 기르기라는 것을 깨닫자 덤벼들기는커녕 가까이 다가갔다가 부드러운 눈길로 고개를 숙이자 슬며시 앞 다리를 팔꿈치치기 무릎에 놓았습니다.  임금님은 이 말을 듣자마자 사자를 숲으로 돌려주고 팔꿈치 키도 무죄로 만들어 집으로 돌려보냈습니다.

 裁判官(さいばんかん)命令(めいれい)で、ライオンを()れてあるオリの(とびら)(ひら)かれました。

 しかし、死刑(しけい)のためにオリから(はな)たれたライオンは、あの(あし)にトゲが()さっていたライオンでした。



 ライオンは(かれ)自分(じぶん)のトゲを()ってくれたヒツジ()いである(こと)()づくと、(おそ)いかかるどころか(ちか)づいて()って、

 やさしい()(あたま)()げると、そっと前足(まえあし)をヒツジ()いのひざへと()きました。

 (おう)さまはこの(はなし)(みみ)にすると、すぐにライオンを(もり)(かえ)してやり、ヒツジ()いも無罪(むざい)にして(いえ)(かえ)らせてやりました。

 "아무리 무서운 사람이든 성의를 갖고 친절히 대해준다면, 그 사람은 언젠가 반드시 당신께 은혜를 갚아 줄 것입니다"끝







원본:

 森を歩き回っていたライオンが、うっかりイバラを踏んで、足にトゲを刺してしまいました。  そこでライオンは、近くに住むヒツジ飼いのところへ行き、やさしい目で頭を下げると、まるで、 『私には、あなたの助けが必要です』 と、でも言うように、尻尾を振りました。  ヒツジ飼いは勇敢にも、このライオンを調べてやり、足に刺さったトゲを見つけると、ライオンの前足を自分のひざの上に乗せて、そのトゲを抜いてやりました。  痛みのなくなったライオンは、ヒツジ飼いにもう一度頭を下げると、森へと帰って行きました。  それからしばらく過ぎた、ある日の事。  ヒツジ飼いは無実の罪で捕まり、裁判の結果、『ライオンに投げ与えよ』と、いう死刑を宣告されました。  ヒツジ飼いが何度も無実を訴えますが、裁判官は聞き入れてくれません。  裁判官の命令で、ライオンを入れてあるオリの扉が開かれました。  しかし、死刑のためにオリから放たれたライオンは、あの足にトゲが刺さっていたライオンでした。  ライオンは彼が自分のトゲを取ってくれたヒツジ飼いである事に気づくと、襲いかかるどころか近づいて行って、 やさしい目で頭を下げると、そっと前足をヒツジ飼いのひざへと置きました。  王さまはこの話を耳にすると、すぐにライオンを森へ返してやり、ヒツジ飼いも無罪にして家に帰らせてやりました。  どんなに恐ろしい人でも誠意を持って親切にすれば、その人はいつの日か必ず、あなたに恩返しをしてくれるでしょう。おしまい
추천1
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 1,191건 1 페이지
일본 동화 목록
제목 조회 추천 날짜
이솝우화 4234 0 2019-01-15
열람중 이솝우화 3357 1 2019-01-15
이솝우화 3176 0 2019-01-15
이솝우화 3117 0 2019-01-15
이솝우화 2949 0 2019-01-15
일본동화 1637 0 2019-01-15
세계동화 1396 0 2019-01-15
이솝우화 1372 0 2019-01-15
이솝우화 1355 0 2019-01-15
이솝우화 1342 0 2019-01-15
이솝우화 1313 0 2019-01-15
세계동화 1295 0 2019-01-15
이솝우화 1294 0 2019-01-15
이솝우화 1290 0 2019-01-15
이솝우화 1277 0 2019-01-15
게시물 검색

회원로그인

접속자집계

오늘
1,116
어제
1,115
최대
2,206
전체
722,482

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.