자자의 속눈 - 子ザルのまつ > 일본 동화

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 동화

일본동화 ()ザルのまつ
자자의 속눈

페이지 정보

Artist admin 댓글 0건 조회 894회 작성일 19-01-15 02:35

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 목록

본문

 むかし、松代(まつだい)(まち)(まつしろちょう)と()うところに、(とく)(かさ)源五郎(げんごろう)(とくたかげんごろう)と()(うで)()()(もの)()()んでいました。

 모자는 사냥꾼에게 총에 맞아 총에 맞아 피를 흘리며 죽었는데, 그 품에 갓 난 새끼원숭이가 엄마 자르의 날씨를 찾아 손발을 움직이고 있습니다.

 ある()源五郎(げんごろう)(やま)でサルの親子(おやこ)()つけました。

"정말 불쌍하게."

 (はは)ザルは猟師(りょうし)鉄砲(てっぽう)()たれたのか、背中(せなか)から()(なが)して()んでいましたが、そのふところには()まれたばかりの()ザルが、(はは)ザルのおっぱいを(さが)して手足(てあし)(うご)かしています。

 불쌍히 생각한 源五郎는 즉시 새끼원숭이를 안고 집으로 데려왔습니다.

「なんと、可哀想(かわいそう)に」

 그리고 源五郎 부부는 새끼원숭이에게 '마츠'라는 이름을 붙이고 제 자식처럼 귀여웠습니다.

 (あわ)れに(おも)った源五郎(げんごろう)は、さっそく()ザルを(いだ)くと(いえ)()れて(かえ)りました。



 そして源五郎(げんごろう)夫婦(ふうふ)()ザルに『まつ』と()名前(なまえ)()けて、()()同様(どうよう)可愛(かわい)がったのです。

 "마츠는 아주 사랑스러운 원숭이이며, 源五郎가 춤과 재주를 가르치면, 그것은 능숙하게 해 낼 수 있습니다"



 그리고 또 다른 이야기는 유명해졌고, 마침내 마츠시로의 전각의 귀까지 전해졌습니다.

 まつはとてもかしこいサルで、源五郎(げんごろう)(おど)りや(げい)(おし)えると、それは上手(じょうず)にやってみせるのです。

 天皇는 즉시 源五郎와 횃불을 불러들였습니다.

 そしてまつの(はなし)評判(ひょうばん)になって、やがては松代(まつだい)(まつしろ)の殿(との)さまの(みみ)にまで(とど)きました。

 눈빛은 源五郎의 신호에 맞추어 물구나 허공으로 돌아오는 재주를 보여주었습니다.

 殿(との)さまはさっそく、源五郎(げんごろう)とまつを()()せました。

"이건 훌륭해. 훌륭해."

 まつは源五郎(げんごろう)合図(あいず)()わせて、逆立(さかだ)ちや宙返(ちゅうがえ)りの(げい)()せました。、

 그 분은 매우 기뻐하십니다.

「これは見事(みごと)見事(みごと)だ」

 그리고 눈빛을 다 본 그 분은 源五郎에게 말했습니다.

 殿(との)さまは、(だい)(よろこ)びです。

"겐고로우요. 돈이라면 얼마든지 내 줄 게요. 그러니까 원숭이를 양보해 줘"

 そしてまつの(げい)()()わった殿(との)さまは、源五郎(げんごろう)()いました。

"엣, 마츠요?"

源五郎(げんごろう)よ。(きん)なら、いくらでも()そう。だからサルをゆずってくれ」

 "이건 源五郎도 곤란해졌습니다"

「えっ、まつを?」

 설령 임금님의 명령이라도, 눈은 제 자식처럼 아끼는 원숭이입니다.

 これには、源五郎(げんごろう)(こま)ってしまいました。

(부러졌네)

 たとえ殿(との)さまの命令(めいれい)でも、まつは()()同様(どうよう)可愛(かわい)がっているサルです。

 뭐라고 대답을 해야 할까 망설이고 있는데, 源五郎의 옆에 앉아 있던 모습이 갑자기 전각 앞에 앞으로 나가 양손을 꽉 쥐었다.

(よわったな)

'그만가는 건강을'

 (なに)返事(へんじ)をしたら()いかと(まよ)っていると、源五郎(げんごろう)のそばに(すわ)っていたまつが、とつぜん殿(との)さまの(まえ)(すす)()て、ていねいに両手(りょうて)をつくと、

하고 말하듯 여러 번 절을 했습니다.

『そればかりは、ごかんべんを』

 이것을 본 그 분은 매우 감동적인 태도를 보였지요.

と、()(よう)に、(なん)()もおじぎをしたのです。

"괜찮아, 지금 하는 말은 취소야. 그런데 그 대신 때때로 성에 놀러 오는 거잖아."

 これを()殿(との)さまは、とても(こころ)()たれて、

하고 쉽게 말했습니다.

「よいよい、(いま)言葉(ことば)()()しじゃ。だがその()わり、時々(ときどき)(しろ)(あそ)びに()るのじゃぞ」

 이렇게 겡고로(源五郎)부부와 눈은 그 후로도 사이좋게 행복하게 살았습니다.

と、やさしく()いました。



 こうして源五郎(げんごろう)夫婦(ふうふ)とまつは、それからも仲良(なかよ)(しあわ)せに()らしました。

 지금도 이곳에는 마츠시로마치 다이신사에 있는 도쿠타카가의 묘지에 남아 있다고 합니다.끝







원본:

 むかし、松代町(まつしろちょう)と言うところに、徳嵩源五郎(とくたかげんごろう)と言う腕の良い彫り物師が住んでいました。  ある日、源五郎は山でサルの親子を見つけました。  母ザルは猟師に鉄砲で撃たれたのか、背中から血を流して死んでいましたが、そのふところには生まれたばかりの子ザルが、母ザルのおっぱいを探して手足を動かしています。 「なんと、可哀想に」  哀れに思った源五郎は、さっそく子ザルを抱くと家に連れて帰りました。  そして源五郎夫婦は子ザルに『まつ』と言う名前を付けて、我が子同様に可愛がったのです。  まつはとてもかしこいサルで、源五郎が踊りや芸を教えると、それは上手にやってみせるのです。  そしてまつの話は評判になって、やがては松代(まつしろ)の殿さまの耳にまで届きました。  殿さまはさっそく、源五郎とまつを呼び寄せました。  まつは源五郎の合図に合わせて、逆立ちや宙返りの芸を見せました。、 「これは見事。見事だ」  殿さまは、大喜びです。  そしてまつの芸を見終わった殿さまは、源五郎に言いました。 「源五郎よ。金なら、いくらでも出そう。だからサルをゆずってくれ」 「えっ、まつを?」  これには、源五郎も困ってしまいました。  たとえ殿さまの命令でも、まつは我が子同様に可愛がっているサルです。 (よわったな)  何と返事をしたら良いかと迷っていると、源五郎のそばに座っていたまつが、とつぜん殿さまの前に進み出て、ていねいに両手をつくと、 『そればかりは、ごかんべんを』 と、言う様に、何度もおじぎをしたのです。  これを見た殿さまは、とても心を打たれて、 「よいよい、今の言葉は取り消しじゃ。だがその代わり、時々城へ遊びに来るのじゃぞ」 と、やさしく言いました。  こうして源五郎夫婦とまつは、それからも仲良く幸せに暮らしました。  今でもまつのお墓は、松代町大信寺にある徳嵩家の墓地に残っているそうです。おしまい
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 1,191건 11 페이지
게시물 검색

회원로그인

접속자집계

오늘
851
어제
1,721
최대
2,499
전체
898,708

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.