같은 무게의 짐을 주먹밥과 라바 - 同じ重さの荷物をはこぶロバとラバ > 일본 동화

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 동화

이솝우화 (おな)(おも)さの荷物(にもつ)をはこぶロバとラバ
같은 무게의 짐을 주먹밥과 라바

페이지 정보

Artist admin 댓글 0건 조회 876회 작성일 19-01-15 12:34

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 목록

본문

 ロバとラバが、(なら)んで(ある)いていました。

"이건 심하군.라바는 내 두 배나 먹이를 받고 있는데 짐은 나와 똑같다니 불공평하군.

 ロバは自分(じぶん)(はこ)んでいる荷物(にもつ)と、ラバの荷物(にもつ)とが(おな)じなのを()て、

하고 투덜투덜 말했습니다.

「これはひどいなあ。ラバくんは、ぼくの()(ばい)もエサをもらっているのに、荷物(にもつ)はぼくと(おな)じだなんて不公平(ふこうへい)だなあ」

 하지만 얼마 지나지 않아 당나귀는 당나귀의 몸집이 몹시 지쳐 있다는 것을 알아차리고 당나귀 짐을 조금 당나귀의 등에 옮겼습니다.

と、ぶつぶつ()いました。

 또 얼마 지나지 않아 당나귀는 예전보다 훨씬 피곤한 것을 본 당나귀는 당나귀 짐을 다시 줄여서 당나귀로 옮겼습니다.

 けれどもしばらくいくうちに、ロバ()きはロバがひどく(つか)れているのに()がついて、ロバの荷物(にもつ)(すこ)しラバの背中(せなか)(うつ)しました。

 그리고 나중에는 당나귀 짐의 나머지 모든것을 라바로 옮기고 말았습니다.

 またしばらくいくうちに、ロバが(まえ)よりもいっそう(つか)れているのを()たロバ()きは、ロバの荷物(にもつ)をまた()らしてラバに(うつ)しました。

 그때 라바는 당나귀의 얼굴을 보고

 そしてしまいには、ロバの荷物(にもつ)(のこ)全部(ぜんぶ)をラバに(うつ)してしまいました。

어때.내가 너의 두배짜리 먹이를 받는 건 당연하다고 생각하지 않니?

 その(とき)、ラバはロバの(かお)()て、



「どうだい。ぼくがきみの()(ばい)のエサをもらうのは、当然(とうぜん)だと(おも)わないかい」

 우리도 다른 사람을 판단할 때는, 처음뿐 아니라 끝까지 잘 보고 합시다.끝







원본:

 ロバとラバが、並んで歩いていました。  ロバは自分が運んでいる荷物と、ラバの荷物とが同じなのを見て、 「これはひどいなあ。ラバくんは、ぼくの二倍もエサをもらっているのに、荷物はぼくと同じだなんて不公平だなあ」 と、ぶつぶつ言いました。  けれどもしばらくいくうちに、ロバ引きはロバがひどく疲れているのに気がついて、ロバの荷物を少しラバの背中に移しました。  またしばらくいくうちに、ロバが前よりもいっそう疲れているのを見たロバ引きは、ロバの荷物をまた減らしてラバに移しました。  そしてしまいには、ロバの荷物の残り全部をラバに移してしまいました。  その時、ラバはロバの顔を見て、 「どうだい。ぼくがきみの二倍のエサをもらうのは、当然だと思わないかい」  わたしたちも他人を判断する時は、始めだけでなく終わりまでよく見てからにしましょう。おしまい
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 1,191건 11 페이지
게시물 검색

회원로그인

접속자집계

오늘
932
어제
1,721
최대
2,499
전체
898,789

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.