王さまを欲しがるカエル > 일본 동화

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 동화

이솝우화 (おう)さまを()しがるカエル
왕을 탐내는 개구리와 개구리

페이지 정보

Artist admin 댓글 0건 조회 576회 작성일 19-01-15 12:34

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 목록

본문

 自分(じぶん)たちの(ところ)(おう)さまがいないのを(かな)しんでいたカエルが、ゼウスの(かみ)(ところ)へお使(つか)いを()して、

 자신들에게 왕이 없는 것을 슬퍼하던 개구리가 제우스 신에게 심부름을 보내어

(おう)さまを(くだ)さい」

왕을 주십시오.

と、(たの)みました。

하고 부탁했습니다.

 ゼウスはカエルたちがバカなのを()て、(ぬま)(なか)()ぎれを()としました。

 제우스는 개구리들이 바보인 걸 보고 늪 속에 나무를 떨어뜨렸어요.

 カエルたちは(はじ)め、その(おと)(おどろ)いて(ぬま)(そこ)(くぐ)りました。

 개구리들은 처음에 그 소리에 놀라 늪에 빠졌습니다.

 けれど、いくらたってもその()ぎれが(うご)かないものですから、()()がって()てそれをバカにして、その(うえ)()って(すわ)っていました。

 하지만 아무리 그래도 그 나무는 움직이지 않기 때문에 떠올라 그것을 바보로 만들었고 그 위를 타고 앉아 있었습니다





 そんな(おう)さまを()っては肩身(かたみ)(せま)いと(おも)ったので、カエルたちはもう一度(いちど)、ゼウスの(ところ)にやって()て、(おう)さまを()()えて(くだ)さいと(たの)みました。

 그런 왕을 두어서는 어깨가 좁다고 생각했기 때문에 개구리들은 다시 한번 제우스에게 찾아와 왕을 바꿔 달라고 부탁했습니다.

 はじめの(おう)さまは、あんまりぐずだというのです。

 첫 번째 왕은 너무 투덜투덜하다고 합니다.

 するとゼウスはカエルたちに(はら)()てて、今度(こんど)はヒドラという大蛇(だいじゃ)()こしたので、カエルはみんな()まれてしまいました。

 그러자 제우스는 개구리들에게 화를 냈고, 이번에는 히드라라는 큰 뱀을 들었기 때문에 개구리들은 모두 마셔 버렸습니다.





 たとえぐずでも(わる)くない(おう)さまの(ほう)が、たとえ優秀(ゆうしゅう)でもひどい(おう)さまよりは、まだましです。

おしまい


 비록 어리석어도 괜찮은 임금님이, 비록 우수해도 심한 임금보다는 낫습니다.끝






원본:

 自分たちの所に王さまがいないのを悲しんでいたカエルが、ゼウスの神の所へお使いを出して、 「王さまを下さい」 と、頼みました。  ゼウスはカエルたちがバカなのを見て、沼の中に木ぎれを落としました。  カエルたちは始め、その音に驚いて沼の底に潜りました。  けれど、いくらたってもその木ぎれが動かないものですから、浮き上がって来てそれをバカにして、その上に乗って座っていました。  そんな王さまを持っては肩身が狭いと思ったので、カエルたちはもう一度、ゼウスの所にやって来て、王さまを取り替えて下さいと頼みました。  はじめの王さまは、あんまりぐずだというのです。  するとゼウスはカエルたちに腹を立てて、今度はヒドラという大蛇を寄こしたので、カエルはみんな飲まれてしまいました。  たとえぐずでも悪くない王さまの方が、たとえ優秀でもひどい王さまよりは、まだましです。おしまい
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

회원로그인

접속자집계

오늘
189
어제
1,903
최대
2,206
전체
727,238

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.