ランプ > 일본 동화

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 동화

이솝우화 ランプ
램프

페이지 정보

Artist admin 댓글 0건 조회 559회 작성일 19-01-15 12:34

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 목록

본문

 (あぶら)充分(じゅうぶん)()ったランプが、()()えて(あか)るく(ひか)るので、

 기름을 충분히 마신 램프가, 잘 타서 밝게 빛나므로

「わたしは、太陽(たいよう)よりも(あか)るいわ」

나는 태양보다 더 밝아.

と、自慢(じまん)していました。

라고 자랑하고 있었습니다.

 ところが、さっと(かぜ)()いてくると、たちまち()えてしまいました。

 그런데 바람이 확 불어오자 금세 사라져 버렸어요.

 そばにいた(ひと)が、もう一度(いちど)()をつけてやりながら()いました。

 옆에 있던 사람이 다시 불을 지펴 주면서 말했습니다.

「さあさあ、また()らしなさい、ランプさん。ただし、(だま)って()らしなさいよ。太陽(たいよう)(つき)(ひかり)は、(けっ)して()える(こと)はないのだから」

"자, 자, 또 비추세요. 램프 씨. 그냥 잠자코 비추세요."태양이나 달빛은 결코 꺼지지 않으니까.





 (ひと)より(すぐ)れていても、ごうまんになってはいけません。

 남보다 뛰어나도 잘 지내면 안됩니다.

 (うえ)には(うえ)がいるのだから。

おしまい


 위에는 올라가고 있으니.끝






원본:

 油を充分に吸ったランプが、良く燃えて明るく光るので、 「わたしは、太陽よりも明るいわ」 と、自慢していました。  ところが、さっと風が吹いてくると、たちまち消えてしまいました。  そばにいた人が、もう一度火をつけてやりながら言いました。 「さあさあ、また照らしなさい、ランプさん。ただし、黙って照らしなさいよ。太陽や月の光は、決して消える事はないのだから」  人より優れていても、ごうまんになってはいけません。  上には上がいるのだから。おしまい
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

회원로그인

접속자집계

오늘
170
어제
1,903
최대
2,206
전체
727,219

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.