馬とウシとイヌと人間 > 일본 동화

본문 바로가기
사이트 내 전체검색

일본 동화

이솝우화 (うま)とウシとイヌと人間(にんげん)
말과 멧돼지와 개와 인간

페이지 정보

Artist admin 댓글 0건 조회 181회 작성일 19-01-15 12:33

  • N.B. Rate and Pitch only work with native voice.

  • 목록

본문

 人間(にんげん)(つく)ったのはゼウスの(かみ)ですが、(はじ)めゼウスは人間(にんげん)(はや)()(よう)に、(みじか)寿命(じゅみょう)しか(あた)えませんでした。

 인간을 만든 것은 제우스의 신이지만, 처음 제우스는 인간이 빨리 죽도록 짧은 수명밖에 주지 않았습니다.

 しかし人間(にんげん)(あたま)()かったので、(ふゆ)になると自分(じぶん)(いえ)()てて、その(なか)(あたた)かく()らしました。

 하지만 인간은 머리가 좋아서 겨울이 되면 스스로 집을 짓고 그 안에서 따뜻하게 살았습니다.

 さて、ある()(こと)

 자, 어느 날의 일.

 (さむ)さが(きゅう)(きび)しくなり、(つめ)たい(あめ)まで()()しました。

 추위가 갑자기 심해지자 찬비까지 내렸어요.

 (そと)にいた(うま)は、もう我慢(がまん)出来(でき)なくなって人間(にんげん)(いえ)にやって()ました。

 밖에 있던 말은 더 이상 참을 수 없어서 인간의 집에 왔습니다.

人間(にんげん)さん、どうかわたしをあなたのお(いえ)()れて、(さむ)さをしのがせて(くだ)さい」

"인간분, 제발 저를 당신 집에 넣고 추위를 물리치세요"

 すると人間(にんげん)は、

 그러자 인간은,

「いいよ。ただし、1つだけ条件(じょうけん)がある。お(まえ)寿命(じゅみょう)(すこ)しわたしに()けてくれるなら、()れてやるよ」

"괜찮아요. 단 한 가지, 한 가지 조건이 있어요.너의 수명을 좀 나에게 나눠준다면 넣어줄게.

「はいはい。(よろこ)んで()()げます」

네.기꺼이 드리죠.

 (うま)寿命(じゅみょう)(なん)(ねん)()けてあげる約束(やくそく)で、(いえ)()れてもらいました。

 말은 수명을 몇 년 나누어주기로 집에 넣어줬어요.

 今度(こんど)は、ウシが()ました。

 이번엔 소가 왔습니다.

「おお、(さむ)(さむ)い。もうたまらない。あなたの(いえ)()れて(くだ)さいよ」

오, 춥다.이젠 참을 수 없다.당신 집에 넣어 주세요.

 人間(にんげん)今度(こんど)も、

 인간은 이번에도,

「お(まえ)寿命(じゅみょう)を、わたしに(すこ)()けてくれれば、()れてやるよ」

"너의 수명을 나에게 조금 나눠주면 넣어 줄게"

 ウシも寿命(じゅみょう)(すこ)(ゆず)(こと)にして、()れてもらいました。

 우시도 수명을 좀 물려주기로 하고, 넣어줬어요.

 最後(さいご)にイヌが、(さむ)さで(こご)()にそうになって()ました。

 마지막으로 개가 추위로 얼어 죽을 뻔 했어요.

 そしてまた、寿命(じゅみょう)(すこ)人間(にんげん)()けてあげる(こと)にして、(いえ)()れてもらいました。

 그리고 또, 수명을 조금 인간에게 나누어 주기로 하고, 집에 넣어주었습니다.





 さあ、この(ため)にどういう(こと)になったか、わかりますか?

 자, 이 때문에 무슨 일이 됐는지 알겠어요?

 人間(にんげん)(はじ)めにゼウスの(かみ)からもらった寿命(じゅみょう)()きている()は、無邪気(むじゃき)()性質(せいしつ)です。

 인간이 처음에 제우스 신이 준 수명을 살아가던 동안은 천진난만하고 좋은 성질입니다.

 ところが、その寿命(じゅみょう)()くなって(うま)から()けてもらった寿命(じゅみょう)()きる(こと)になると、(えら)そうにして威張(いば)()になります。

 그런데, 그 수명이 다 떨어져 말에서 나눠받은 수명을 살게 되면, 잘난 체하고 뽐내는 사람이 됩니다.

 (つぎ)今度(こんど)はウシからもらった寿命(じゅみょう)(ぶん)()きる(とき)には、命令(めいれい)したりするのが自分(じぶん)仕事(しごと)だと(おも)(さま)になります。

 다음에 이번에는 소가 준 수명만큼 살 때는, 명령하거나 하는 것이 자신의 일이라고 생각하게 됩니다.

 そして最後(さいご)に、イヌのくれた(とし)()きる(ころ)には、(いか)りっぽい頑固(がんこ)(しゃ)になるのです。

 그리고 마지막으로, 개가 준 해를 살 때에는 화를 잘 내는 완고한 사람이 됩니다.





 このお(はな)しは、(いか)りっぽくて頑固(がんこ)(しゃ)の、気難(きむずか)しいお年寄(としよ)りに()かせてやるとよいでしょう。

おしまい


 이 이야기는, 화를 잘 내는 완고한 어른의, 까다로운 노인에게 들려주면 좋을 것입니다.끝






원본:

 人間を作ったのはゼウスの神ですが、始めゼウスは人間が早く死ぬ様に、短い寿命しか与えませんでした。  しかし人間は頭が良かったので、冬になると自分で家を建てて、その中で暖かく暮らしました。  さて、ある日の事。  寒さが急に厳しくなり、冷たい雨まで振り出しました。  外にいた馬は、もう我慢が出来なくなって人間の家にやって来ました。 「人間さん、どうかわたしをあなたのお家に入れて、寒さをしのがせて下さい」  すると人間は、 「いいよ。ただし、1つだけ条件がある。お前の寿命を少しわたしに分けてくれるなら、入れてやるよ」 「はいはい。喜んで差し上げます」  馬は寿命を何年か分けてあげる約束で、家に入れてもらいました。  今度は、ウシが来ました。 「おお、寒い寒い。もうたまらない。あなたの家に入れて下さいよ」  人間は今度も、 「お前の寿命を、わたしに少し分けてくれれば、入れてやるよ」  ウシも寿命を少し譲る事にして、入れてもらいました。  最後にイヌが、寒さで凍え死にそうになって来ました。  そしてまた、寿命を少し人間に分けてあげる事にして、家に入れてもらいました。  さあ、この為にどういう事になったか、わかりますか?  人間が始めにゼウスの神からもらった寿命を生きている間は、無邪気で良い性質です。  ところが、その寿命が無くなって馬から分けてもらった寿命を生きる事になると、偉そうにして威張り屋になります。  次に今度はウシからもらった寿命の分を生きる時には、命令したりするのが自分の仕事だと思う様になります。  そして最後に、イヌのくれた年を生きる頃には、怒りっぽい頑固者になるのです。  このお話しは、怒りっぽくて頑固者の、気難しいお年寄りに聞かせてやるとよいでしょう。おしまい
추천0
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기
  • 카카오톡으로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 1,191건 8 페이지
일본 동화 목록
제목 조회 추천 날짜
이솝우화 194 0 2019-01-15
이솝우화 194 0 2019-01-15
이솝우화 194 0 2019-01-15
이솝우화 190 0 2019-01-15
이솝우화 190 0 2019-01-15
이솝우화 189 0 2019-01-15
세계동화 188 0 2019-01-15
열람중 이솝우화 182 0 2019-01-15
세계동화 181 0 2019-01-15
이솝우화 180 0 2019-01-15
일본동화 179 0 2019-01-15
세계동화 178 0 2019-01-15
이솝우화 178 0 2019-01-15
이솝우화 178 0 2019-01-15
세계동화 177 0 2019-01-15
게시물 검색

회원로그인

접속자집계

오늘
190
어제
984
최대
1,876
전체
264,103

그누보드5
Copyright © www.furiganahub.com All rights reserved.